とちテレアナウンサーブログ

2021年03月30日(火)

聖火リレーつながった 過去と今もつないだ

久保庭美代子さんと隆夫さんとトーチと

久保庭美代子さんと隆夫さんとトーチと

本田五輪子さんと

本田五輪子さんと

足利市からスタートした2日間

足利市からスタートした2日間

これで私もフィニッシュしました

これで私もフィニッシュしました

栃木県の聖火リレーが
無事、2日間行われました。
さまざまな意見があるなか
たどり着きました。

小山市のコースを走った
下野市在住の本田五輪子さんに
開催前、話を聞きました。

本田さん…五輪子さんと記しましょう、
五輪子さんは昭和39年東京五輪聖火リレーが
栃木に到着した10月2日生まれ。
祖父が聖火に感激して
「五輪子」と名づけました。

時を超えて巡ってきた縁。
しかし聖火リレーは1年延期、
五輪子さんは「原点」を確かめたくて
去年10月五輪ミュージアムを訪れて
聖火の炎を見てきたそうです。

「自分自身に会いに行くということですね」
私が話すと「そうです、そうなんです」。
「聖火リレーは私の夢。
それは祖父の夢でもあると思う。
とびっきりの笑顔で走りたい」と話した五輪子さん。

私はモニターで当日の聖火リレーを見ました。
凛と、爽やかに、風のように走る姿がありました。
「きっと祖父も見ていると思います」
リレー後のインタビューが印象に残りました。

宇都宮の県庁に到着し全日程が終了した後
県庁から生中継しました。
ゲストにお呼びしたのは
久保庭美代子さん、隆夫さんご夫妻。
美代子さんが今回の聖火ランナー、
隆夫さんは昭和39年東京五輪聖火ランナー。

何という運命のめぐりあわせ、しかし
1年延期してどうなるものかと思ったこと、
さまざまな人の思いを乗せて走ったこと、
美代子さんは話してくれました。
フィニッシュ地点で待っていた隆夫さんは
美代子さんの後をついて走り
自分も感激したと話しました。

五輪子さんも久保庭さんも
57年の時がつながり、
1年延期の時もつながり。

・・・そして私も。
1年前、ハチマキ巻いて県内全コースをめぐり
お伝えしたことが、この日つながりました。
美代子さんのトーチを持たせて頂きました。
1・2キロ、ほどよい重さ、
桜の形をしているから円筒形ではなく五角形風、
グリップ風になっているからつかみ易いんだ。

このトーチに炎がともった瞬間に
今まで聞いたことのない心からの歓声をあげたランナー。
スキップして走ったランナーもいたっけ。
トーチを左右持ち替え、持ち替え
手を振り続けたランナーの皆さん。

何だか、いろいろなことを考えた2日間でした。

とちぎテレビ
飯島誠

2021年04月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

プロフィール

飯島 誠(いいじま まこと)

■氏名:
 飯島 誠(いいじま まこと)
■誕生日:
 5月22日
■出身地:
 栃木県小山市
■趣味:
 鉄道旅行、「ウチのメダカ」の飼育
■特技:
 話し相手の地元の話に強い(合わせられる)
■モットー:
 ゼロから。
■好きな...

詳しいプロフィールはこちら

アナウンサーブログ一覧

最新のブログスレッド

  • とちぎテレビをご覧いただく方法
  • とちテレ番組ガイド
  • マリフルールBUCCA
  • はじめてばこ
  • チラシビジョン
  • 放送番組の違法配信撲滅キャンペーン