とちテレアナウンサーブログ

2021年03月11日(木)

震災10年 支援のかたち

左から、菊地さん、川端さん、私のいま

左から、菊地さん、川端さん、私のいま

8年前の菊地さんと…「若いね」だって

8年前の菊地さんと…「若いね」だって

建物は那須野ヶ原青年会議所寄贈

建物は那須野ヶ原青年会議所寄贈

遊具 文字通り「進化を続ける」施設だ

遊具 文字通り「進化を続ける」施設だ

山元町の慰霊碑 いつまでも忘れません

山元町の慰霊碑 いつまでも忘れません

震災から10年ということで
とちテレ報道部はさまざまな特集を
放送しました。

私は8年前の2013年に取材した
宮城県山元町「みんなのとしょかん」の
今を取り上げました。

「みんなのとしょかん」は
足利市の川端秀明さんが中心になって
全国から本の寄付を受け、
被災地に図書館をつくるというもの。

被災地の人は当時「集まれる場所」が欲しいと
思っていました。
一方で被災地支援を考えた時に、川端さんは
地元の実情に合わせるために、さらに
「やるものがあることで心の支えになる」と
運営をすべて地元で行うシステムにしました。

8年たって、としょかんは進化。
コンテナハウスの建物に基礎工事を行って
正式建築物にこの春登記予定。
周辺には遊具、集会場、畑までできている。
追悼行事をはじめイベントを多数開いている。

・・・何だろう、
私はここに来るとワクワクするのです。

8年間管理をしている菊地慎一郎さんに聞くと
被災されて10年、さまざまあったと思いますが
そのことを隠している感じもしない。
楽しんでとしょかんに関わっているのが
伝わってくるのです。
他の皆さんも、実に朗らかで一途。

8年たって「次の10年をどうするか」を
川端さん、菊地さんが話し合う場面を拝見しました。
「次の世代もやっていけると思う」と話す
菊地さんの声は、それはそれは強いものでした。

川端さんは
「としょかんは、集まれる場所を自ら育て
自分たちで実を結んだ。
実は、少子高齢化の地方が取り組むべきことを
やっている。
被災地を支援する思いだけだったのが
逆に学ぶことが非常に多かった」と話します。

施設を作る、維持するには経費がかかる。
運営する人の力も必要、高齢化も進行している。
何より心の支援はこれからも必要。
きれいごとばかり言えません。

支援する側が逆に「学び」で支援を受けるという
フラットな関係。
としょかんがこれからも
続いて「いきそう」な雰囲気を感じるのはなぜか。
本当の支援のあり方がここにありそうな気がします。

とちぎテレビ
飯島誠

2021年04月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

プロフィール

飯島 誠(いいじま まこと)

■氏名:
 飯島 誠(いいじま まこと)
■誕生日:
 5月22日
■出身地:
 栃木県小山市
■趣味:
 鉄道旅行、「ウチのメダカ」の飼育
■特技:
 話し相手の地元の話に強い(合わせられる)
■モットー:
 ゼロから。
■好きな...

詳しいプロフィールはこちら

アナウンサーブログ一覧

最新のブログスレッド

  • チラシビジョン
  • とちテレYouTubeチャンネル
  • イブ6プラス
  • 島守の塔
  • とちテレ番組ガイド
  • うたの王様 よくあるご質問