とちテレニュースカレンダー

2021年06月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日のニュースが表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


ニュース

ニュース動画一覧

■那珂川・福島町長も3選目指すと表明 町議会で(21-06-02)

那珂川町の福島 泰夫町長は2日開かれた町議会の6月定例会で、任期満了に伴い今年10月に予定される町長選挙に3選を目指し立候補する考えを表明した。

■那須烏山・川俣市長 10月の市長選に立候補へ(21-06-02)

那須烏山市の川俣 純子市長が2日開かれた市議会の6月定例会で、任期満了に伴い10月17日に告示、24日に投開票される市長選挙に再選を目指して立候補する考えを表明した。

■下水道使用料の請求漏れ640万円 真岡(21-06-02)

真岡市は2日、大谷台市営住宅の下水道使用料が2015年の供用開始から現在までおよそ6年間にわたり請求されていなかったと発表した。請求漏れの金額はおよそ640万円。対象の63人に対し戸別訪問などをして謝罪するとともに、地方自治法に基づき過去5年分の下水道使用料の納付を求める方針。

■浸水被害を軽減 田んぼダム活用広がる(21-06-02)

大雨の被害を抑えるためにこのところ「田んぼダム」を活用する地域が増えている。田んぼが持つ貯水機能を利用して一時的に水を貯めることで下流への浸水被害を軽くするものだが、宇都宮市は2日新たに新里土地改良区と協定を結んだ。締結式には佐藤 栄一市長と新里土地改良区の祖母井 善昌理事長が出席し、協定書にサインした。宇都宮市北部の新里地区は2019年の東日本台風で姿川が氾濫し、大きな被害が出た大谷地区の上流に当たる。土地改良区内でも農地や水路120カ所で被害が発生した。

■コロナ禍の住宅トレンド(21-06-02)

 

■バックス新体制発表(21-06-02)

 

■新型コロナ 新たに33人 累計6375人(21-06-01)

新型コロナウイルスについて県と宇都宮市は1日、新たに宇都宮市、小山市、佐野市、栃木市、那須塩原市、日光市、真岡市、足利市、益子町、上三川町、市貝町、壬生町の10代の小学生から80代までの男女33人の感染を確認したと発表した。県内の感染者は累計6375人となった。療養者は314人で、このうち重症は12人、入院調整中は17人。またこれまでに感染が確認された人のうち県は新たに45人から変異株が確認されたと発表、県内の変異株の感染者は、累計649人となった。一方、確保病床は1日から39増え、448床となり、軽症者向けの宿泊療養施設と合わせると1086床となった。

■Bリーグファイナル最終戦 ブレックス優勝ならず(21-06-01)

Bリーグファイナル最終戦が1日、神奈川県の横浜アリーナで行われ、宇都宮ブレックスは千葉に71対62で敗れ、4シーズンぶりの優勝はならなかった。互いに激しく守って激しく競り合い、50対50で最終クオーターに突入。過去2度準優勝の千葉は富樫やエドワーズの得点でリードを奪い、粘り強い守備も光った。宇都宮はエースの比江島が12得点と活躍したものの、残り2分を切ったところでファウル累積で退場するなど最終戦の攻防で一歩及ばなかった。それでも堂々の準優勝。安斎監督は「最高のファンと選手、クラブ」と今季を振り返った。

◇安斎監督の話「ディフェンスの試合になった。選手たちは素晴らしい仕事をしてくれた。僕自身は申し訳ない気持ちでいっぱい。千葉さんの素晴らしい気持ちとプレーが僕らを上回ったんじゃないかと思う」

◇比江島選手の話「もっとできたんじゃないかと申し訳ない気持ちでいっぱい。また来年やり返したい」

◇遠藤選手の話「(この敗戦を)次に繋げられるのが自分たちのチーム。きょうは楽しく接戦が出来たと思う」

■アユ釣り解禁 那珂川に太公望の姿(21-06-01)

大田原市などを流れる清流・那珂川で1日、アユ釣りが解禁され待ちわびた愛好家たちが引きを楽しんだ。大田原市矢倉では那珂川のアユ釣りが解禁される日の出に合わせて約30人が訪れた。1日は晴天に恵まれて絶好の釣り日和となり愛好家たちは、腰まで川に入ってアユの縄張りの習性を利用した友釣り用の長い竿を握り、引きの感触を楽しんでいた。地元漁協によると前日の雨で水温が2、3度低くなったことから例年よりアユの追いは、少なかったが、水温が上がる夏本番に向けて大きなアユの数釣りが楽しめるようになるという。

■ベトナムの母親に身代金要求 技能実習生ら誘拐で逮捕(21-06-01)

身代金目的で同居する技能実習生を誘拐し、群馬県にあるアパートに監禁した疑いで、県警捜査一課などは1日までにベトナム人8人を逮捕した。監禁などの疑いで逮捕されたのは鹿沼市泉町の技能実習生、ヴー・ホン・クイ容疑者24歳や群馬県太田市の無職グエン・ティエン・トアン容疑者26歳らベトナム国籍の男女8人。8人は今年4月20日にヴー容疑者と同居するベトナム国籍で技能実習生の21歳の男性を暴行して連れ去り、群馬県太田市のアパートの一室に監禁した上、母国にいる男性の母親に日本円にして250万円相当の身代金を要求した疑い。被害者の男性と逮捕された8人は、サッカーの試合の勝敗に金を賭ける賭博をしていて男性の負け分を回収できないと見たヴー容疑者が主犯格のグエン容疑者に相談したことから事件に発展したとみられる。

■速報・1日の陽性判明は33人(21-06-01)

1日県と宇都宮市は新たに33人の感染を確認したと発表した。県内の感染者は累計6375人となった。

※詳しくは夜9時のニュースでもお伝えします。

■LRTオリジナルグッズ販売開始(21-06-01)

宇都宮市と芳賀町が整備を進める次世代型路面電車LRTの最初の車両が到着したことに合わせて1日から道の駅はがや宇都宮市役所、オンラインショップなど5店舗でオリジナルグッズの販売がスタートした。雷の光をイメージした鮮やかな黄色の車体がデザインされたトートバックや、ハンカチ、マスクケースなど合わせて7品14種類を揃えた。「道の駅はが」では、オープンと同時にすべてのグッズを購入した人がいたという。LRTの運営会社は商品のラインナップを増やし販売する場所も拡大していく予定で、6月7日からは、宇都宮市の「宮カフェ」と「ろまんちっく村」でもグッズの扱いを始める。

■県北の保育所で感染性胃腸炎 ノロウイルス原因(21-06-01)

県は31日、県北健康福祉センター管内の保育所で感染性胃腸炎が集団発生したと発表した。5月19日に園児30人に嘔吐などの症状が見られたため検査したところ、ノロウイルスが検出されたという。現在は全員快方に向かっている。県内ではことしに入って6保育施設で胃腸炎の集団発生が確認されている。

■公的年金からの個人市民税の特別徴収で誤り 宇都宮(21-06-01)

宇都宮市は31日、個人市民税を公的年金から特別徴収する手続きで、一部で過徴収や徴収不足があったことを明らかにした。市によると去年9月から運用を始めたシステムの不具合が原因ということで、これまでに180人に対して徴収の過不足が発生している。過徴収で191万円、不足が157万円。市では個別に説明を行うなどの対応を進める方針。

■養殖アユ 本格出荷(21-06-01)

 

■新型コロナ 新たに13人感染 累計6342人(21-05-31)

新型コロナウイルスについて県と宇都宮市は31日、新たに宇都宮市、下野市、足利市の10歳未満から50代までの男女13人の感染を確認したと発表した。1日当たりの感染者数が15人を下回ったのは4月30日以来、約1カ月ぶり。県内の感染者は累計6342人で、療養者数は304人、このうち重症者は11人、入院調整中は14人。またこれまでに感染が確認された人のうち県は新たに13人から変異株が確認されたと発表した。このうち7人は他の変異株患者との関連が見つかっていない。県内の変異株は累計で604人となった。
  • とちぎテレビをご覧いただく方法
  • まろにえーるTV 超
  • 第10回とちテレゴルフカップin烏山城カントリークラブ開催のお知らせ
  • CM制作募集
  • とちテレ番組ガイド
  • 放送番組の違法配信撲滅キャンペーン