とちテレニュースカレンダー

2020年02月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


ニュース

ニュース動画一覧

■栃木SCキックオフパーティ(20-02-13)

栃木SCは13日、宇都宮市内のホテルでスポンサー向けのキックオフパーティーを開き、選手が今シーズンの飛躍を誓った。昨シーズンは奇跡のJ2残留を果たし、田坂和昭監督が2季目の指揮を取る。チームは、元日本代表で2010年ワールドカップ南アフリカ大会のメンバーにも選ばれたフォワードの矢野貴章選手やエスクデロ競飛王選手など経験豊富なアタッカー陣を補強。地元出身の明本考浩選手など14人が新たに加わり、去年終盤に見せた堅い守りと攻撃力との融合が期待される。栃木SCは、開幕戦は23日、アウェイで長崎と対戦。

■新型コロナウイルスで宿泊業に打撃(20-02-13)

県内のホテルや旅館で新型コロナウイルスの影響で宿泊数にして約2000件分のキャンセルが出ていることが分かった。県観光物産協会が県内のホテルや旅館に行ったアンケートによると、今月10日現在で29施設から回答があり、1月24日から3月1日にかけて同じ人による連泊も含め、宿泊数で1999件分のキャンセルがあったという。県では13日、県内全市町の担当者を呼んで初めての連携会議を開いた。会議の中身は非公開だが、関係者によると高齢者が感染した場合重症化するリスクが高いためチラシなどを配って直接、高齢者に注意を呼び掛けることなどを確認したという。

■復興に向けた道のり ロードマップで示す(20-02-13)

佐野市の岡部正英市長は13日、定例会見で台風19号の復興に向けて段階的に復旧事業を進めるための工程表、ロードマップを発表した。大きく3項目で構成されていて、去年11月から来年1月までを「復旧・復興期」、来年4月以降を「再生期」とし、これに従い災害廃棄物の搬出や復旧工事、生活圏に流入した土砂の回収・処分など段階的に複数の事業を進める。

■ハンガリー新体操選手が小学校で交流活動 小山(20-02-12)

東京オリパラのホストタウンになっている小山市。12日、東京五輪の事前キャンプの視察に訪れたハンガリー新体操選手団が城東小などで交流活動を行った。選手団を迎えた児童たちはハンガリーの民謡を演奏。続いてそのお返しにと選手たちも華麗な演技を披露し、スポーツを通して親睦を深めていた。今月15日には日本代表「フェアリージャパン」が白鷗大学を訪れ、合同で公開練習を行う予定。

■今年もできました!とちおとめカクテル2種お披露目(20-02-12)

栃木が誇る「とちおとめ」を使ったオリジナルカクテルの新作が今年も誕生!フレッシュなイチゴを3粒使った「フレーズサワー」はジンがベース、そしていちごミルクをイメージしたラムベースの「レ・フレーズ」の2種類。「宇都宮カクテル倶楽部」とキリンビール、JA全農とちぎが毎年共同で提供している。この日はバー・パークアベニューの福田弘樹さんらが実際にシェーカーを振りカクテルを振る舞った。今月14日から宇都宮カクテル倶楽部加盟の31店舗で味わえる。

■日光の天然氷にも暖冬の影響 1カ月遅れで切り出し作業(20-02-12)

 寒さが生み出す自然の恵み「日光の天然氷」も暖冬の影響を受けた。氷の厚みが足らず遅れること1ヵ月…12日、切り出しが行われた。日光市御幸町にある「氷屋徳次郎」の製氷池。この日は氷点下7度まで気温が下がり、朝5時、山の神に祈りをささげた後、作業が行われた。いつもは氷の厚さが14センチ以上にならないと切り出さないが、今年は10センチほどになった段階で切り出しを決めた。これまで氷が仕上がらず5回ほど砕いては作り直し、ようやくできあがったという。天然氷は5月の連休ごろから県内外に出荷される。

■台風19号で被災の寺で大祭 鹿沼(20-02-11)

平安時代末期に活躍した医師、中野智元をまつる常楽寺(鹿沼市下粕尾)で11日、恒例の祭りが行われた。毎年2月11日に「智元ゆかりの日」として祭りを開いている常楽寺は、9月末から10月にかけて見事な彼岸花を咲かせる寺としても知られていたが、去年10月の台風19号で裏山の土砂が崩れた。本堂の建物内まで土砂が流れ込み、半年間地域の人たちの手を借りながら復旧に取り組んできた。現在は9割ほど復旧したという。境内には多くの人が訪れて家内安全や台風からの復興を願っていた。

■栃木の郷土料理といえば…今年の「鉄人」は?(20-02-11)

栃木の郷土料理、しもつかれの「鉄人」を決めるコンテストが11日、日光市で開かれた。「今市おかみさん会」が主催し今年で20回の節目。来場者の投票で審査するが、去年から人気のあまり入場制限をかけるほどで、県内外から集まった自慢のしもつかれ30点を食べ比べしようと、今年も約550人が詰めかけた。しもつかれは家庭によって具材の量や作り方が様々で、ひとつひとつ見た目も味も異なる。中には枝豆やチーズが入った変わり種も登場した。審査の結果、第20代しもつかれの鉄人には江口政一さん(那須塩原市)が選ばれた。

■19歳男を危険運転致死容疑で逮捕 鹿沼の事故(20-02-11)

鹿沼市で10日朝、乗用車と大型バイクが衝突しバイクを運転していた壬生町北小林、アルバイト従業員男性(56)が死亡した事故で、乗用車運転の会社員の男(19)が酒気帯び運転していたことが分かった。鹿沼警察署は、酒を飲み急ハンドルなど正常な状態で運転せずに事故を起こした可能性があるとして、危険運転致死容疑で男を逮捕した。容疑を認めているという。男は帰宅途中だったが、警察はどこで誰と酒を飲んだのか、事故の原因など慎重に捜査している。
  • ミヤリーの部屋
  • Happy Swing 〜ゴルフをもっとHappyに〜
  • 会津高原スキー場スタンプラリー
  • 海と日本PROJECT
  • イブ6プラス
  • とちテレSHOP