とちテレニュースカレンダー

2021年7月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日のニュースが表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


2021年07月16日(金)のニュース

ニュース動画一覧

■東京五輪 下野でキプロス選手のオンライン歓迎会(21-07-16)

 下野市で東京オリンピックの事前キャンプを行っているキプロスの陸上競技の選手団を激励しようと16日、オンラインで歓迎会が開かれた。現在市内では、陸上と自転車ロードレースの計3選手が事前合宿を行っていて、このうち110メートルハードルのミラン・トライコヴィッチ選手が参加した。感染防止のため市役所と選手が宿泊するホテルをインターネットでつなぎ広瀬 寿雄市長が激励の言葉を贈った。トライコヴィッチ選手は2016年のリオ五輪で7位に入賞していて、「コンディションは上がっているのでぜひテレビで応援してほしい」と活躍を誓った。トライコヴィッチ選手は27日まで大松山運動公園陸上競技場で練習を行い、8月3日の予選に臨む。なお、事前合宿中はトレーニングの様子を見学することができるという。

■新型コロナ 新たに感染者26人(21-07-16)

新型コロナウイルスについて県と宇都宮市は16日、新たに宇都宮市、小山市、大田原市、真岡市、栃木市、那須町、鹿沼市、日光市、野木町などの未就学児から70代までの男女26人の感染を発表した。宇都宮市で感染が分かった40代男性について県は宇都宮市・上三川町選挙区選出で民主市民クラブの斉藤孝明県議会議員と発表した。県内の感染者は累計で7,337人となった。

■大田原・津久井市長 「9月末完了は無理」希望者接種(21-07-16)

 新型コロナウイルスのワクチンの国からの供給が不足し、自治体の接種にも影響が出ているが、大田原市の津久井 富雄市長は16日の定例会見で、国の目標を受けて11月末としてきた希望者への接種完了は「無理」との見解を示した。大田原市は医療機関での「個別接種」と「集団接種」を併用する形でワクチン接種を進めていて、土日に行う集団接種だけでも1日800人に行える体制を整備してきた。しかしここにきてワクチン供給が不足しているため、集団接種については9月以降の予約を取りやめているという。担当者は「非常にやるせない」とコメントしている。

■斉藤県議が新型コロナ感染 14日に発熱(21-07-16)

 県は宇都宮市・上三川町選挙区選出で民主市民クラブの斉藤 孝明県議会議員が新型コロナウイルスの感染したと発表した。斉藤県議は14日、38度の発熱がありその2日前以降に議事堂への登庁をしたり、他の議員や県職員との接触したりしたことはないという。

■栃木・下野 国体のリハ大会中止 ハンド全国大会(21-07-16)

 栃木市や下野市などは、2022年開催の「いちご一会とちぎ国体」のリハーサル大会として8月実施予定だったハンドボールの全国大会を中止すると発表した。「デルタ株」の感染者が増加傾向にあり、感染拡大のリスクが以前より高まっていることなどを理由としている。

■職域接種 宇都宮の警備会社でも始まる(21-07-16)

 新型コロナウイルスのワクチンについて県内各地の企業などで職域接種が進められている。宇都宮市に本社を置く北関東綜合警備保障でも16日から接種が始まった。グループや取引先企業を含めた社員とその家族およそ3,000人を対象に行う。初日は警備を担当する社員など80人が、本社ビルの多目的ホールや大会議室を活用した会場で接種を受けた。河野 太郎行政改革担当大臣は15日、夜のテレビ番組で職域接種について、ワクチンの供給が追い付かず待機状態にある会場がおよそ3,000に上ると明らかにしたが、北綜警では予定通り9月18日までに2回目の接種を終える見通し。

■夏を前に水難救助訓練(21-07-16)

本格的な夏のレジャーシーズンを迎え16日、佐野市や足利市を流れる渡良瀬川流域にある佐野東消防署、足利市消防本部、館林地区消防組合の3つの消防から約50人が参加し合同で水難救助訓練を行った。訓練は学生5人がボートの練習をしていたところゲリラ豪雨の急激な増水によりボートが転覆したという想定で実施。群馬県の防災ヘリも出動し、隊員らは本番さながらに臨んでいました。   

■ジャパンカップと3X3 2年連続で中止(21-07-16)

宇都宮市内で毎年開かれてきた国際大会、自転車のジャパンカップと3人制バスケの「3x3」が新型コロナウイルスの影響で今年も中止されることが決まったと16日、宇都宮市が発表した。市は「海外からチームの招へいが難しく感染予防対策の徹底が困難」としている。両大会の中止は2年連続で市は来年の開催に向けて国際自転車競技連合やFIBAとの調整を行うとしている。

■矢板「山縣有朋記念館」 国の有形文化財に(21-07-16)

 矢板市上伊佐野の「山縣有朋記念館」の建物の一部が近く国の有形文化財に登録される見通しであることが分かった。記念館は幕末から大正にかけて軍人や政治家として活躍した山縣 有朋の別荘。16日開かれた国の文化審議会で、記念館の本館に隣接する「別館」を国の有形文化財に登録するよう文部科学大臣に答申された。1階のリビングは、現存する数少ない明治時代の洋風木造建築を象徴するような作りで、2階には山縣有朋の遺品や資料などが展示されている。1990年に県の有形文化財に指定されているほか、県北の4市町が共同で申請し、2018年に認定された日本遺産を構成する文化財の1つでもある。

■関東甲信などで梅雨明け 佐野で34.2度(21-07-16)

 気象庁は16日、関東甲信と東北が梅雨明けしたとみられると発表した。宇都宮地方気象台によると県内も各地で晴れ間が広がり、午後3時までに宇都宮では32.6度と今シーズン最高気温を記録した。その他、佐野で34.2度、小山で32.8度など、14観測地点のうち12地点で今年最も暑くなった。関東甲信では去年と比べて15日、平年と比べて3日早い梅雨明け。

■県内の待機児童 初のゼロに コロナも影響か(21-07-16)

 県は16日までに県内の保育所などに入れない「待機児童」が4月の時点でゼロになったと発表した。データが残る2006年度以降、初めてのことで、去年は34人の待機児童がいた。市や町が受け入れ体制を強化したほか、新型コロナウイルスのまん延で子どもの入所に消極的な傾向、「預け控え」も影響したとみられる。また、別の施設の入所を希望するなどして待機児童に含まれない「潜在的待機児童」の数は165人減って「712人」だった。もっとも多かったのは宇都宮市の356人で、小山市の92人、栃木市の83人と続いた。

■さくら 79歳女性から1千万円特殊詐欺 男を逮捕(21-07-16)

 さくら警察署は15日、79歳の女性から現金1000万円をだましとったとして、詐欺の疑いで静岡県長泉町の会社員、鈴木 将人容疑者37歳を逮捕した。14日から15日にかけ女性の孫などを騙り複数回にわたって電話で「バッグを盗まれた。バッグには会社の通帳などが入っていて、急いで取引先の支払いをしなければ大変なことになる」などと言い、信じた女性の自宅に孫の上司の親族を装って訪れ、女性から現金をだましとった疑い。鈴木容疑者は容疑を認めているという。

■10代少女にわいせつ 47歳の県職員を懲戒免職(21-07-16)

 6月13日未明、埼玉県内のビジネスホテルで県内に住む10代の少女に対し、わいせつな行為をしたとして強制わいせつの疑いで逮捕された県産業労働観光部の47歳の男性職員について、県は16日付けで懲戒免職処分とした。男性は県の聞き取りに対し「大変申し訳ない。多大なご迷惑をかけた被害者とその家族、職場に対して一生をかけて償っていきたい」と話しているという。

■益子のWEB陶器市 初の「冬」開催 来年2月(21-07-16)

 一般社団法人ましこラボは、インターネットでお気に入りの陶器を選び購入することができる「益子WEB陶器市」を来年2月に開くと発表した。初めて冬に開催される。益子の陶器市はこれまで、毎年春と秋の2回開かれてきたが、新型コロナウイルスの感染拡大で去年の春から始まった取り組みで、毎回150を超える作家らが参加し、作品8000点以上が出品される。

■県作成の消費者トラブル防止DVDで注意呼びかけ(21-07-16)

 若者の消費者トラブルの防止を図ろうと県が制作したDVDが6月、専門機関の優秀賞を受賞した。16日、この教材を活用した授業が鹿沼南高校・ライフデザイン科で行われた。DVDはオンラインゲームの課金やエステの契約のトラブルなど4つの事例をドラマ形式で収録。生徒たちは続いて、何が問題でトラブルになったのかを書き出し、契約の内容をしっかり確認することや万が一被害にあった場合は消費生活センターに相談することなどを学んでいた。民法の改正で来年4月には成人の年齢が18歳に引き下げられ、こうしたトラブルが増えることも予想される。県では、県内全高校に教材を配布。また、動画投稿サイトユーチューブの栃木県のチャンネルでも公開し、被害防止を呼び掛けている。

■速報・16日の感染判明は26人 累計7337人(21-07-16)

県と宇都宮市は16日、新たに26人の感染を発表した。県内の感染者は累計で7337人となった。

※栃木の詳しい情報は夜9時の「ナイトニュース9」でチェック!

■クマにかまれ大田原市の81歳男性けが 福島・下郷町(21-07-16)

15日午後0時半ごろ、福島県下郷町戸赤の山林で、キノコ採りをしていた大田原市の無職の男性(81)が、クマに右モモをかまれて軽傷を負った。県警によると、クマは体長約50センチ。男性は山を移動中にクマ2頭と出くわし、うち1頭に襲われた。クマは逃げて行ったという。近くでキノコ採りをしていた息子が被害に気付き、男性を病院に搬送した。

■日光・清滝でクマの目撃 相次ぐ(21-07-16)

 16日午前7時10分ごろ、日光市清滝丹勢町の茂みで、体長およそ1メートルのクマ1頭がいるのを近くの住民が目撃した。また同じく午後1時ごろ近くの茂みで、今度は体長およそ1.2メートルとおよそ1メートルの2頭のクマが東の山林へ移動するのが目撃された。いずれも被害やけが人はなかった。警察などで連携し、警戒活動を行っている。

■茨城や栃木などで高級車盗 1億円超費被害か 4人逮捕 茨城県警(21-07-16)

 茨城県警は16日、高級自動車「レクサス」などを販売目的でくり返し盗んだとして窃盗などの疑いで、水戸市の無職、飯泉啓太容疑者(34)ら男4人を逮捕した。茨城県警によると去年5月頃から今年2月頃の間、茨城のほか栃木や群馬、千葉の4県で住宅や飲食店の駐車場、高速道路のパーキングエリアなどで自動車約70台や部品を盗んだ疑いがもたれている。キーや車から出る微弱な電波を特殊な機器で増幅し誤作動させる「リレーアタック」という方法などをとっていた。4県で136件、約1億8千万円相当の被害を確認したとしている。
  • 2021エールクーポン
  • うたの王様 よくあるご質問
  • イブ6プラス
  • バーチャル高校野球
  • 第10回とちテレゴルフカップin烏山城カントリークラブ開催のお知らせ
  • チラシビジョン