とちテレニュースカレンダー

2021年7月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日のニュースが表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


2021年07月13日(火)のニュース

ニュース動画一覧

■ワクチン供給量 市町希望の45%に留まる見通し(21-07-13)

ワクチンの自治体への供給が滞る中、県に来月配分されるワクチンの量が市町が希望する45%に留まることがわかった。県によると、県内へのワクチン配分量は高齢者向けに供給された7月4日までが市町の希望する量に対して8割以上、一般向けを含む7月5日から18日までは6割、7月19日から8月1日までは4割ほど。さらに12日に国が示した8月2日から15日までの配分量は希望する量の45%に留まっているという。国は希望者への接種の11月の完了を目指すが、県の調べによると市町での接種のピークは9月末となる見込み。福田知事は13日の会見で、自治体が接種の加速に向けて取り組む中、供給量が減少するというはしごを外すような事態に「極めて遺憾」とコメント。「接種回数を減らしたり、接種を停止するところも出ている」と危機感を示した。県では先週、国に要望を行っている。

■ブレックス・遠藤選手 「クール・チョイス」県アンバサダーに(21-07-13)

 地球温暖化の要因とされる二酸化炭素の排出を減らそうという取り組みを県民に発信!県環境森林部は13日、プロバスケチーム・宇都宮ブレックスの遠藤 祐亮選手をアンバサダーに任命し、鈴木 英樹部長から委嘱状が手渡された。県は、2050年までに地球温暖化の要因とされる温室効果ガスを実質ゼロにする、カーボンニュートラルの実現に向け「クール・チョイス(賢い選択)」運動を進めている。

 アンバサダーはエアコンの温度管理やエコバッグの使用など、県民が手軽に取り組める地球温暖化対策を発信する役割を担う。遠藤選手はインスタグラムを通じて協力を呼び掛けるほか、試合会場でもブースを設け情報提供を行うという。県は14日、サッカーJ2・栃木SCの森 俊貴選手を任命する。

■県内の大規模盛り土396ヵ所 国・市町と連携し対応 (21-07-13)

 静岡県熱海市で土石流の被害が発生したことを受け、県は5日から9日にかけて県内45カ所で緊急点検を行ったが、土砂の流出の恐れのある箇所は確認されなかった。しかし、10日の大雨で点検の対象外の佐野市の太陽光発電の設置箇所で排水設備が壊れて下流の住宅2棟で床下浸水の被害があったという。県によると県内では宅地造成等のための大規模な盛り土の現場が396ヵ所あり、毎年自治体で安全性を確認している。今後、国も点検作業を行う予定で県では市や町と連携して取り組んでいく方針。

■小山の花火 密避け市内8ヵ所で同時打ち上げ(21-07-13)

小山市の浅野 正富市長は13日の定例会見で、8月21日に無観客で行う花火大会について、自宅や身近な場所で密にならないように楽しむため、小山運動公園や思川など市内の8ヵ所に分散して打ちあげると発表した。打ち上げは当日午後8時から同時に行う。

■県内初 地域電力会社設立(21-07-13)

エネルギーの地産地消を目指そうと、宇都宮市などが13日、新しい電力会社を設立した。「宇都宮ライトパワー」は、市とNTTアノードエナジーなど計4社が共同出資で設立した。市のごみ処理施設「クリーンパーク茂原」のバイオマス発電などからの電力を買い取り、市有施設やLRTに供給する。供給電力は年間約3,800万kwhで電気料金500万円分を節減できる見込み。また一般的な家庭3千世帯分の年間排出量に等しい1万1千トンの二酸化炭素を削減できる計算。事業は来年1月に開始する予定。

■新たに28人 障がい者施設でクラスターも(21-07-13)

新型コロナウイルスについて、県と宇都宮市は13日、新たに28人の感染を確認したと発表した。またさくら市の障がい者施設で、これまでに職員と利用者計6人の感染が確認され、県75例目のクラスターに認定された。マスクを着用せずに飲食したり密集した状況で作業を行ったりしたことが原因と推定される。県では13日までに利用者と職員計37人への検査を終えている。県内の感染者は累計7280人。

■落雷が原因?太陽光パネルから出火 真岡(21-07-13)

13日午前11時半ごろ、真岡市小林に設置されている太陽光パネルから煙と炎が出ているのを通りがかった人が発見し、119番通報した。火は30分ほどで消し止められ、けが人はいなかった。真岡警察署によると、太陽光パネルの裏側の端子ボックス2カ所に燃えた跡があり、12日に落雷したのが原因でショートした可能性があるとみて調べている。

■13日の県内 熱中症とみられる症状で3人搬送(21-07-13)

 県のまとめによると、13日午後4時までに県内では合わせて3人が熱中症とみられる症状で救急搬送された。宇都宮市の71歳の男性は、屋内にいたところ熱中症の症状が出て病院に運ばれた。いずれも入院を必要としない軽症。

※水分補給やエアコンや扇風機の利用、涼しい服装など体調管理で熱中症に注意しましょう。

■家賃支援給付金を約300万円詐欺 男を再逮捕 (21-07-13)

 新型コロナウイルスに関する観光支援事業「GoToトラベル」の給付金をだまし取ったとして、詐欺の疑いですでに逮捕されている那須町高久甲の民泊経営、鈴木 直幸容疑者51歳ら3人について売り上げが減少した中小企業などを支援する「家賃支援給付金」にうその申請をして、去年12月に現金およそ304万円をだまし取ったとして、県警本部捜査第二課などは13日、詐欺の疑いで再逮捕した。家賃支援給付金での摘発は初だという。

■五輪にちなんだ風鈴も 境内に涼運ぶ…日光二荒山神社(21-07-13)

 暑い夏を風鈴の音で涼しくすごしてもらおうと、日光二荒山神社で恒例の「風鈴まつり」が開かれている。風鈴は陶磁器で作られていて

およそ800個。神社の職員で陶芸家の佐藤 和彦さんが手作りした。今年は神苑や門など、境内に飾られている。古くは魔除けとして飾られてきた風鈴…。涼しさを楽しむようになったのは江戸時代になってからともいわれる。東京オリンピックにちなんで五色の風鈴も登場。9月5日まで開かれている。

■「しかっち」も登場!バックスが見守り活動 日光(21-07-13)

 アイスホッケーアジアリーグのH.C.栃木日光アイスバックスが子どもたちの登校を見守る活動を13日から始めた。初日は佐藤 大翔キャプテンと古橋 真来副キャプテン、それにマスコットキャラクターの「しかっち」。ホームリンクにほど近い日光小学校の通学路の中でも特に交通量が多い交差点で声掛けを行った。チームは今後、2週間に1度のペースで市内24の小学校付近で、見守り活動を行う。

■速報・13日は28人の感染確認 累計7280人に(21-07-13)

県と宇都宮市は13日、新たに28人の感染を確認したと発表した。県内の感染者は累計7280人になった。

※詳しい栃木の情報は夜9時の「ナイトニュース9」をチェック!

■13日の夏の高校野球 雷雨で4試合 14日に順延(21-07-13)

夏の高校野球栃木大会は13日、3つの会場で予定されていた1回戦9試合のうち5試合が行われた。しかし雷雨で4試合が中止となり、14日に順延となった。

※栃木の詳しい情報は夜9時の「ナイトニュース9」をチェック!
  • チラシビジョン
  • 海と日本PROJECT
  • 2021エールクーポン
  • はじめてばこ
  • とちぎテレビをご覧いただく方法
  • CM制作募集