とちテレニュースカレンダー

2021年2月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日のニュースが表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


2021年02月24日(水)のニュース

ニュース動画一覧

■新たに12人感染 累計で4,060人 新型コロナ(21-02-24)

新型コロナウイルスについて、県と宇都宮市は24日、新たに10代から70代までの12人が感染したと発表した。このうち1人は県内16例目のクラスターの鹿沼病院関連、5人がこれまで陽性が確認された人の同居人や知人。県内の感染者は累計で4,060人となった。療養者数は165人でこのうち重症者は7人、入院調整中は18人。

■【24日午後9時現在】鎮火まで2週間 足利山林火災(21-02-24)

 発生から4日が経過した足利市の山林火災は24日も燃え続け、朝から消火活動が行われた。足利市によると鎮火まで2週間程度かかる見込み。足利市のまとめでは午後5時半現在、両崖山の西側を中心に約76.5ヘクタールが燃えたという。火の手は一時、ウメの名所「西渓園」のある西宮町で約50メートルから60メートル、大岩町で100メートルから150メートルの距離まで民家に迫ったが、これまでにけが人はいないという。

・市は今回の火災に伴う避難勧告を23日までに72世帯、さらに24日、本城1丁目の足利高校西側の80世帯と五十部町と大岩町の一部25世帯に追加で発令し住民に避難を呼び掛けた。避難所はさいこうふれあいセンターのほか第二中学校、三重小学校の3カ所で設置していて午後7時現在、合わせて21世帯37人が避難している。

・近隣の学校では第一中学校で終日休校になり、第二中学校や足利工業高校などで途中から休校に。とちぎテレビの調べでは第一中学校と足利工業高校の全日制と定時制、足利高校、足利女子高校で24日も休校に。

・足利市によりますと今回の火災は現場の斜面が急なことに加えて広葉樹が多く、水で流しても落ち葉の中で火が残り風にあおられて舞い上がってしまうことから燃え広がった可能性が高いという。

・足利市では9日間連続で乾燥注意報が出されていて気象予報士の海老原 美代子さんは空気の乾燥とともに風向きの状態が燃え広がりに大きな影響を与えたとしている。

■足利の山林火災 消火活動続く 約170世帯に避難勧告(21-02-24)

発生から4日目、足利市の山林火災は24日も燃え続け、朝から消火活動が行われました。

足利市西宮町の両崖山(りょうがいさん)周辺で続いている山林火災は発生から4日目を迎え、防災ヘリや自衛隊のヘリコプターのほか、消防による地上からの消化活動が行われました。

足利市のまとめによりますと、午後2時現在、両崖山の西側を中心におよそ50ヘクタールが燃えたということです。
両崖山にある御岳神社が全焼し、火の手は一時、ウメの名所「西渓園」まで50メートルに迫りましたが、これまでにけが人はいないということです。

市は今回の火災に伴う避難勧告を23日までに72世帯、さらに24日には本城1丁目の足利高校西側の80世帯、五十部町と大岩町の一部25世帯に追加で出し、住民に避難を呼びかけました。

避難所は、さいこうふれあいセンターのほか、第二中学校、三重小学校の3カ所に設置していて、午後2時現在、合わせて9世帯20人が避難しているということです。

近隣の学校では、第一中学校で休校になり、第二中学校と足利工業高校、足利高校、足利女子高校で24日途中から休校となりました。

24日午後5時までのとちぎテレビの調べでは、第一中学校と足利工業高校で25日も休校にするということです。

足利市では24日まで9日間連続で乾燥注意報が出されていて、宇都宮地方気象台の観測では火事が確認された21日は、湿度が観測史上最も低い12%でした。

■【24日午後5時現在】焼失面積約50ヘクタールに 足利山林火災(21-02-24)

 足利市西宮町で起きた山林火災で足利市は24日、焼失面積が約50ヘクタールに及んだと発表した。出火から3日たったきょう午後も、陸上自衛隊や自治体の防災ヘリからの放水と地上からの消火活動が続いていて、鎮火の見通しはたっていない。足利市は23日、72世帯に避難勧告を出しているが、きょうの記者会見でさらに105世帯に避難勧告を出し、少なくとも9世帯20人が避難所に身を寄せたと明らかにした。また、横浜市や山梨県にもヘリの出動を要請していて、ヘリでの放水は日没まで続けられる。

■【24日午後2時発表】五十部町や大岩町25世帯に避難勧告(21-02-24)

・足利市西宮町の両崖山の林野火災で、足利市危機管理課は24日午後2時、五十部町北東部のゴルフ練習場付近と隣接する大岩町の一部の25世帯の住民に、避難勧告を追加発令した。

・避難場所は三重小学校、職員は地域を巡回して周知している。

■【24日午後1時発表】避難勧告追加(足高西側)足利山林火災(21-02-24)

足利市西宮町の山林火災で、24日午後1時、新たに本城1丁目の足利高校西側地域(約80世帯)に避難勧告。避難所は第2中学校となっている。このほか避難勧告が出されている地域は第1中学校北西(約40世帯)、西渓園南西(14世帯)、本城1丁目(18世帯)。避難所はさいこうふれあいセンターと第2中学校の2カ所。

■【24日正午現在】足高や二中などで午後下校 足利山林火災(21-02-24)

 足利市西宮町の両崖山で続いている山林火災では4日目の24日、午前6時半過ぎに自衛隊のヘリコプターによる消火活動を開始。午前7時すぎに消防隊による地上からの活動が始まった。足利市危機管理課によりますと消防などが24時間体制で警戒、火の手は一時、ウメの名所「西渓園」まで50メートルに迫ったが、現在は火の手はひいているという。これまでに人的被害や住宅被害などは確認されていない。避難勧告は第1中学校北側と西側の約40世帯、西渓園南西の14世帯、本城1丁目の18世帯に出ていて、午前11時現在、さいこうふれあいセンターに5世帯10人が避難。また第2中学校には1世帯1人が避難している。なお、付近にある第1中学校は休校、第2中学校は給食後に下校。

 両崖山は標高251メートル、ハイキングなどで訪れる人も多い山で、火事が確認された21日は宇都宮地方気象台によりますと湿度が観測史上最も低い12%と乾燥した状態だった。

※データ放送やHPの他、とちテレアプリでも情報を随時更新します。夜9時のニュースでもお伝えします。

■西宮町林野火災 2月24日(水曜日)午前8時30分現在の状況(21-02-24)

・午前6時15分 広報車両による広報活動開始(西宮、本城地区)
・午前6時36分 自衛隊機(ヘリコプター)による散水開始
・午前7時10分 消防隊出動
・人的被害・物的被害なし
                               

■【24日午前7時現在】自衛隊等による活動再開 足利山林火災(21-02-24)

・足利市西宮町の山林火災で、24日も午前6時20分ごろから自衛隊等によるヘリコプターによる散水を再開。広報車による周知活動も実施。本城側はまだ200メートル以上離れており、風は昨日に比べていくぶん収まっているという。

・足利市危機管理課によると午前7時現在、さいこうふれあいセンターに避難しているのは8世帯14人。二中に避難していた世帯は全員戻った。これまで人的被害、住宅被害はなし

・西宮町の一中は火事を受けて休校、二中は通常通り。

・一時、ウメの名所「西渓園」まで50メートルまで迫ったが、現在は火の手はひいている。一方、西方、大岩側に火が伸びている模様

・足利市では民家の近くにホースを引き入れるなどして対応

・足利中央消防署などで上空から偵察予定

※データ放送やHP、とちテレアプリ等で随時、情報を更新していきます。

■【24日午前6時現在】自衛隊等による活動再開 足利山林火災(21-02-24)

 足利市西宮町の山林火災で、24日も午前6時20分ごろから自衛隊等によるヘリコプターによる散水を実施。広報車による周知活動も実施。本城側はまだ200メートル以上離れており、風は昨日に比べて随分収まっているという。
  • 島守の塔
  • とちテレYouTubeチャンネル
  • まろにえーるTV 超
  • うたの王様 よくあるご質問
  • 放送番組の違法配信撲滅キャンペーン
  • はじめてばこ