とちテレニュースカレンダー

2021年2月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日のニュースが表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


2021年02月13日(土)のニュース

ニュース動画一覧

■新たに16人の感染を確認(21-02-13)

県と宇都宮市は13日、新たに16人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。感染が確認されたのは10代から70代までの男女。うち4人は県内16例目のクラスター、鹿沼病院に入院する患者。そのほか宇都宮市に住む教職員、真岡市と壬生町に住む高校生2人の感染が確認されている。県内の感染者数は累計で3,954人。

■リモートで届け音色 県警察音楽隊が演奏会(21-02-13)

県警察音楽隊の定期演奏会が13日、史上初めて無観客・ライブ配信形式で行われた。1972年発足の県警察音楽隊は「県民と警察を結ぶ音のかけ橋」として毎年定期演奏会を行っているが、47回目の今年は新型コロナウイルスの影響で、県警県民広報相談課公式ユーチューブチャンネルでライブ配信。カラーガード隊も含め現役の警察官、警察職員を中心に39人が出演し、人気アニメや映画の主題歌など12曲を披露した。普段はイベントや式典、小中学校などで年間50件ほど行う演奏活動も、コロナ禍で去年は16件に減少。定期演奏会も一時は中止の案があった中「こんな時こそ県民に明るい気持ちになってもらいたい」と開催にこぎつけた。

■コロナ禍の新スタイル「グランピング」「夜のいちご狩り」(21-02-13)

日本一のイチゴの産地、真岡市で観光いちご園を利用した夜のいちご狩り「ストロベリーナイト」が始まった。市が実証実験中の「グランピング」宿泊客を対象に、真岡観光いちご園のビニールハウス1棟に装飾を施しライトアップ。新型コロナウイルスの影響で観光客が激減し、イチゴを少人数でいつもと違う雰囲気で味わってほしいという思いが込められている。第1号の客はさいたま市の伊藤宏晃さん一家で、見上げれば満天の星、手を伸ばせば赤い星のように輝くイチゴというシチュエーションに、長女の美桜ちゃん(3)も大はしゃぎだった。滞在する「グランピング」はアウトドアを気軽に楽しむキャンプ形式の宿泊施設で、真岡市には今月8日設置。暖房完備のひと部屋4人の独立タイプで2食付き、隣にある井頭温泉チャットパレスの天然温泉が利用できる。真岡市はコロナ禍の新しい旅のスタイルとして期待していて、夜のいちご狩りは2月は金曜日と土曜日、3月以降は土曜日に実施する。

■新幹線で「いちご王国」栃木の完熟イチゴ輸送(21-02-13)

新型コロナウイルスで乗客が激減した新幹線を利用した荷物輸送が各地で行われているが、東北新幹線でイチゴを運ぶサービスが13日から始まった。初めて輸送されたのは那須町の農園「いちごの森」で育てられた完熟イチゴ(新品種「とちあいか」、とちおとめ、スカイベリー)計290箱で那須塩原から東京に向けて輸送。新型コロナウイルス感染拡大で休止中の車内販売準備スペースを活用している。輸送量を増やす計画もあるが、車内への短い搬入時間と限られた搬入スペースが課題だという。通常はいちご狩りを行っている「いちごの森」でも新型コロナウイルスの影響で客が減少し、今回の新幹線輸送が余ってしまった完熟イチゴの新たな販路開拓となった。「いちご王国」栃木から超特急で届けられたイチゴは、14日にも東京駅構内地下1階イベントスペースで販売される。
  • 島守の塔
  • とちテレ番組ガイド
  • チラシビジョン
  • イブ6プラス
  • はじめてばこ
  • うたの王様 よくあるご質問