とちぎテレビ番組ブログコンテンツ

7月13日放送「レジャー時のけが・熱中症 どう対応?」

「防災・あなたを守る」
今回は、万が一けがをした場合に身の回りのものでできる応急手当とこれからの時期に注意が必要な熱中症の対処法について取り上げます。
宇都宮市中央消防署の救急救命士、坂寄和則さんに話を聞きました。

7月6日放送「雷の被害から身を守るには」

「防災・あなたを守る」。

これからさらに暑くなる時期を迎えますが今回は、夏になると増えるあの自然現象に迫ります。

6月29日放送「火山災害から子どもを守る 研修会」

「防災・あなたを守る」今回は「火山」への備えです。

活火山の「那須岳」のふもとの小学校では火山災害からどのように身を守ればいいのか、子どもたちに伝えるための研修会が開かれました。
その研修会の様子を取材しました。

6月22日放送「雨による災害 その備えは」

九州各地で記録的な雨を観測し、大きな被害が出ています。
県内でも、突然の雨や局所的な雨による被害が心配な季節となってきました。
雨による被害を最小限に抑えるために私たちはどういった備えや心構えをすればよいのか茨城県つくば市にある国立防災科学研究所で聞いてきました。

6月15日放送「警戒区域は県内6,000ヵ所以上 土砂災害 どう備える?」

6月は「土砂災害防止月間」です。
県内では梅雨入りしたもののいまのところ雨は少ない状況です。
しかし大雨が降ると土石流やがけ崩れなど土砂災害が発生する恐れがあります。

これから雨や台風が多い時期になりますが、今回のこのコーナーでは土砂災害の危険性や兆候、そして巻き込まれないための対策などについて取材しました。

6月8日放送「防災〜あなたを守る〜関東・東北豪雨の被災地 今の現状は」

「防災〜あなたを守る〜」、今回は、特別編をお送りします。
 
これから、ゲリラ豪雨や台風など雨の影響が心配される季節となりました。
去年9月の関東・東北豪雨で大きな被害が出た地域で再び被害を出さないために どういった対策が進められているのか、現地に行ってきました。

6月2日放送「いざという時に活用 防災タウンページ」

万が一、災害が起きた時、近くの避難所や公衆電話はどこにあるのか、知人の安否確認やけがの応急手当はどうしたらいいか、とっさのことで迷う人も少なくありません。
そんな情報をまとめたのが「防災タウンページ」です。
この「防災タウンページ」をどう活用すればいいのか、担当者に話を聞きました。

5月25日放送「防災〜あなたを守る〜災害時の健康被害を防ぐには」

大きな爪痕を残した熊本地震から1カ月以上が経ちましたが、被災地ではいまだに元の生活に戻れない人が数多くいます。

 避難生活の中で大きな問題となったのが長時間同じ体勢でいることによって発症する、いわゆる「エコノミークラス症候群」。
今回は、災害医療チームDMATの一員として現地で活動した医師にこうした健康被害から身を守るための方法をうかがいました。

5月18日放送「防災特集 熊本地震でも被害相次ぐ どうする?迫られる庁舎の耐震強化」

今回は、災害が起きた場合の拠点になる自治体の庁舎の整備と業務の継続についてです。
熊本地震の発生から1ヵ月が経ちましたが、現地では一部の自治体で庁舎が壊れ、り災証明の発行が遅れるなど影響が出ています。
県内の自治体はどう備えるのか、小山市や那須烏山市、それに新しい庁舎が完成した下野市に話を聞きました。

熊本地震1ヵ月 現地の状況は 益城町に派遣の県職員に聞く(5/12放送)

  • うたの王様
  • ゴルフここだけ
  • 盲導犬協会
  • 金子柱憲のみんなdeゴルフ〜ゴルフをみんなのスポーツへ!〜
  • visual
  • SOUND30