とちぎテレビ番組ブログコンテンツ

9月21日放送「適切な行動へ 緊急地震速報を学ぶ」

特集、「防災・あなたを守る」。

強い揺れが到達する前に発表される「緊急地震速報」を使った避難訓練が佐野市の小中学校で行われました

これまでは地震が起きたことを想定した訓練でしたが、緊急地震速報により地震が起きる前に身を守ることが可能になります。
変わっていく学校現場の避難訓練の様子を取材しました。

9月14日放送「高齢者施設の課題探る 施設のお年寄り どう避難?どう守る?」

特集、「防災・あなたを守る」です。
  
岩手県では8月、台風による大雨で介護福祉施設に入所していたお年寄りが逃げ遅れ命を落としました。
  
複数の入所者がいる施設で防災にどう対応していくか、鹿沼市の取り組みを取材しました。

豪雨被害1年 小山市の取組み

大きな被害をもたらした関東・東北豪雨から1年が経ちます。

とちぎテレビでは4月から「防災・あなたを守る」と題し災害への備えなどについてお送りしてきましたが、今回は改めて大雨への備えや、被害の大きかった小山市の取り組みをお伝えします。



8月31日放送「災害時の活用へ ドローン」

上空を自由に飛ぶ小型無人機、ドローン。
このドローンがいま、災害が発生した時や防災にも活用されています。
県内でもこのドローンを使う取り組みが進められています。

今回の「防災・あなたを守る」は災害が発生した時にドローンをどういう形で利用できるのかを取材しました。

8月24日放送「災害時の地域の力に」中高生が体験

特集、「防災・あなたを守る」

今回は、大田原市で行われた中高生の避難所体験を取材しました。

夏休みの中高生たち、地域の担い手になる自分たちが災害が起きたとき何ができるか考えました。

8月17日放送「川の決壊を防いだ木流し工法」

特集、「防災・あなたを守る」です。

今回は、去年9月の関東・東北豪雨で壬生町を流れる黒川を決壊から守った「木流し工法」と呼ばれる対処方法についてご紹介します。

町の窮地からの脱出には地元消防団の活躍がありました。

8月8日に行われた県と壬生町の防災図上総合訓練の模様を取材しました。

8月10日放送「地域を守る防災リーダーの育成へ」

災害が起きた時、それぞれの地域にある学校などの公共施設には多くの人が避難してきます。

小山市ではこのような状況になったとき、避難所となる学校で主体的に防災行動がとれるよう教職員を対象にした講習会を開いています。

今回はこの講習会の様子をお伝えします。

8月3日放送「自主的な避難訓練に防災の冊子 地域を守る!住民たちの取り組み」

「防災・あなたを守る」

いざという時、自分の周りに住む人々が助け合い、支え合うために地域独自で訓練を行ったりする取り組みが増えています。

災害が起きた時、必要なことは何なのか現場を取材しました。

7月27日放送「川での事故を防げ その対応は」

夏休みに入り家族で水遊びに行く機会も多くなります。
県内では、毎年、水の事故が後を絶ちません。
去年は2人が、おととしは6人が水の事故で死亡しています。

水の事故を無くすためにはどうういった対策が必要かを取材しました。

7月20日放送「命守るために・・・心肺蘇生法を学ぶ」

特集「防災・あなたを守る」です

今回は、万が一、近くに心臓や呼吸が止まった人を見つけた場合、すぐに行わなければならない救命処置について取り上げます

宇都宮市中央消防署の救急救命士、坂寄 和則さんに心肺蘇生法やAED自動体外式除細動器の扱い方などについて話をうかがいました。
  • 金子柱憲のみんなdeゴルフ〜ゴルフをみんなのスポーツへ!〜
  • うたの王様
  • Happy Swing 〜ゴルフをもっとHappyに〜
  • 盲導犬協会
  • とちテレSHOP
  • visual