とちテレニュースカレンダー

2017年03月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


ニュース

ニュース動画一覧

■「ツール・ド・とちぎ」概要を発表(17-03-02)

3月末から県内各地を舞台に初開催される自転車のロードレース「ツール・ド・とちぎ」の大会概要が説明された。ツール・ド・とちぎは、2年かけて県内全市町を回る自転車ロードレース。第1回大会のコースマップやイベントのほか、宇都宮ブリッツェンや那須ブラーゼンをはじめとする国内外から出場する予定の15チームが発表された。第1回大会は3月31日から4月2日まで行われサイクリストたちが県内18市町で熱戦を繰り広げる。

■足銀 古河市周辺の支店を統合へ(17-03-02)

めぶきフィナンシャルグループの足利銀行が経営統合に伴う効率化の一環で、常陽銀行と営業拠点が重なる茨城県古河市周辺の支店などを1店舗に統合する考えを明らかにした。統合するのは常陽銀行と営業エリアが重複する古河支店や古河東出張所など5店舗。5月19日に長谷町と北川辺の2つの出張所を古河支店へ統合するのを皮切りに段階を踏んで集約し翌年8月に古河支店を移転オープンさせる。統合によって利用している店名や口座番号などに変更はないという。

■県警新機動センター 内覧会(17-03-02)

県警察本部の機動センターが新しく整備され地元住民や報道機関に公開された。機動センターは老朽化などにより宇都宮市今宮から宇都宮市野沢町の野沢養護学校跡地に移転整備。新庁舎は鉄筋コンクリートの4階建てで大谷石や県産材などを生かした造り。現在の人員、車両がそのまま引っ越す。これまでの設備に加え道場や音楽隊演奏室、燃焼実験棟なども整備されている。新機動センターは3月6日から利用が始まる。

■春の全国火災予防運動スタート 駅で消防総合訓練(17-03-01)

 「春の全国火災予防運動」が始まった1日、万が一の火災に備え宇都宮市のJR雀宮駅で初めての消防総合訓練が行われた。訓練はJR雀宮駅で火事が起きたことを想定して実施。通報を受けた宇都宮市南消防署の隊員は現場に駆けつけ、ホースを準備し火元とみられる駅務室に突入。閉じ込められていた職員に見立てた人形を救出した。宇都宮市消防局では、火の取り扱いに注意を呼び掛けている。

■作新学院高校など 県内各地で卒業式 (17-03-01)

 県内全ての県立高校の全日制と私立の9つの高校で1日、卒業式が行われ、作新学院高校では1109人の卒業生が慣れ親しんだ学び舎に別れを告げた。式の中で、去年の夏の甲子園で54年ぶりの優勝を果たした硬式野球部の3年生が理事長特別表彰を受けた。また、硬式野球部の3年生43人に1、2年生から花束と記念の写真が贈られた。後輩たちは今月19日に開幕する春のセンバツでの活躍を誓った。

■菅谷元県議に執行猶予付き判決(17-03-01)

 うその土地売買の話しを持ち掛けて、現金をだまし取ったとして詐欺などの罪に問われている、元県議会議員の菅谷 文利被告(63)の裁判が1日開かれ、宇都宮地方裁判所は懲役3年、執行猶予5年の判決を言い渡した。宇都宮地裁の三貫納 隼裁判官は「県議の経歴を悪用して言葉巧みに金をだまし取ったことは悪質」などと指摘しながらも、被害者と示談が成立していることや反省と謝罪の言葉を述べていることから「酌むべき事情もある」とした。

■スピード感持って整備を LRT推進団体が要望(17-02-28)

宇都宮市などが導入を目指す次世代型路面電車(LRT)について推進派の市民団体「雷都レールとちぎ」の奥備一彦代表などが28日、県議会の五月女裕久彦議長宛てに要望書を提出した。要望書では「LRTなどによる公共交通ネットワークを構築することは市民の安全で自由な移動を可能にする」などとして「さらにスピード感を持って整備の取り組みを進めるべくあらゆる手段を講じてほしい」と求めている。
  • ゴルフここだけ
  • Happy Swing 〜ゴルフをもっとHappyに〜
  • 盲導犬協会
  • とちテレSHOP
  • visual
  • 放送番組の違法配信撲滅キャンペーン