とちテレニュースカレンダー

2017年09月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


ニュース

ニュース動画一覧

■簡単で栄養満点! 那須塩原で非常食講座(17-09-05)

那須塩原市で災害時に活用できる非常食作りの講座が開かれた。非常時、不足しがちなビタミンを摂取しようと、オレンジジュースを使った炊き込みご飯のレシピが紹介された。ご飯はポリ袋に入れて炊いたり、材料も手で千切ったりと作り方にも工夫を凝らした。参加者は、簡単で栄養のある非常食と、そのおいしさに満足していたようだった。

■大田原の児童 伝統行事「豊年棒」づくり(17-09-05)

ワラで棒を作り、十五夜に地面を叩いて五穀豊穣を願う伝統行事「豊年棒」づくりに大田原市の湯津上小学校の児童が挑戦した。近くに住むお年寄りたちが豊年棒の作り方を伝授。最後は西之根地区に伝わる豊年棒の歌に合わせて体育館の床を叩き地域に伝わる伝統文化を体感した。

■県立高校募集定員 240人減少の見込み(17-09-05)

教育委員会は来年度の県立高校の、募集定員の見込みについて発表した。来年の春、県内の中学校を卒業する生徒は今年より449人少ない1万8,430人の見通し。生徒の数の減少に伴い来年度の県立高校募集定員は今年度よりも240人減って1万2,195人とする方針を発表しました。学級の数が減るのは5校6学級で日光明峰と馬頭が1学年4学級に満たない「特例校」になる。

■ものづくり大会金賞を報告(17-09-04)

20歳以下の若い人たちを対象にしたものづくり競技大会で金賞を受賞した県立県央産業技術専門校の鈴木崇弘さん(19)と増田優太郎さん(19)が福田富一知事に受賞を報告した。2人は8月に名古屋市で開かれた「若年者ものづくり競技大会」で4時間という制限時間の中で工場の生産ラインを動かす技能や故障を直す技術など、3つの課題をクリアする「メカトロニクス」の職種で金賞を受賞した。今回の結果を受けて2人は11月に栃木県で開かれる技能五輪全国大会に出場することが決まった。

■芳賀地区の建設業関係者が災害想定し訓練(17-09-04)

芳賀建設業協同組合では災害による河川の氾濫や堤防の決壊などの被害に対応しようと毎年訓練を行っている。芳賀地区の建設業者約60人が参加し五行川が大雨であふれたという想定で訓練を行った。訓練では水防活動の基本である土のう積みに加え、竹を使った柵で土のうを補強する「築廻し工」や堤防の亀裂や崩落の拡大を防ぐ「五徳縫い工」といった身近にある材料でもできる応急措置に取り組んだ。

■岡田記念館(栃木)が理容遺産に(17-09-04)

栃木市嘉右衛門町にある岡田記念館の中の「市村理髪館」が「理容遺産」に選ばれ認定証が贈られた。「市村理髪館」は明治時代に建てられたとされていて、県内で最も古い理容室として室町時代から続く名家・岡田家の家屋や家財とともに保存されている。1989年(平成元年)まで営業が続けられていたという。全国理容生活衛生同業組合連合会は「市村理髪館」が明治時代の建物であるなど文化的価値を高く評価し「理容遺産」として認定した。

■お天気キャスターとタイムライン学ぶ(17-09-03)

台風や大雨を想定し災害の準備や行動計画を示した「タイムライン」を作成し防災意識を高める講座が開かれ、テレビでお天気キャスターを務める気象予報士の天達武史さんが講師を務めた。参加者は災害が起きた時の自分の行動をイメージしながらタイムラインを作成し防災への意識を高めていた。
  • ゴルフここだけ
  • 金子柱憲のみんなdeゴルフ〜ゴルフをみんなのスポーツへ!〜
  • visual
  • 盲導犬協会
  • とちテレSHOP
  • SOUND30