とちテレニュースカレンダー

2017年07月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


ニュース

ニュース動画一覧

■佐野で36度 県内でも厳しい暑さ(17-07-09)

9日は県内各地で厳しい暑さとなった。佐野で36度、真岡で35.5度の猛暑日となったほか、小山で34.9度、宇都宮で34.6度を観測し、県内14の観測地点のうち11の地点で今シーズン最高となった。

■養老氏が特別講演 子どもの未来創造大学が開校(17-07-09)

子どもたちが県内の大学や企業、団体などで実験や職業体験などに取り組む「とちぎ子どもの未来創造大学」が今年も開かれる。9日、宇都宮市内で開校式が行われた。式では、福田富一知事が子どもたちに向け、体験を通して挑戦することの大切さを呼び掛けた。また、特別講師として「バカの壁」などの著書で知られる東京大学名誉教授、養老孟司さんが登場。養老さんは「みんなが知らない体の不思議」と題して講演を行った。

■選手ら熱戦を展開 障がい者卓球選手権大会(17-07-09)

障がいのある人たちの卓球大会が、宇都宮市内で開かれ、選手たちが熱戦を繰り広げた。この大会は県障がい者卓球連盟が主催しているもの。今年で36回目を迎える大会には、県内の障がい者施設などから約100人が出場した。練習を重ねてきた選手たちは、激しいラリーや鋭いスマッシュなどで熱戦を繰り広げた。2020年に開催される東京五輪・パラリンピックなどに向け、今後、障がい者スポーツへの関心が高まることが期待される。

■コウノトリがすみ着くように 小山に4つ目の人工巣塔(17-07-09)

渡良瀬遊水地が国際的な湿地の保存に関する「ラムサール条約」に登録されてから7月で5年が経過した。小山市の豊かな自然にコウノトリがすみ着くようにと、人工巣塔が設置され、9日に除幕式が行われた。市内で4つ目。式には小山市の大久保寿夫市長や地元の小中学生などおよそ60人が訪れ、巣塔の完成を祝った。今回設置された巣塔は乙女中学校から約150メートルの距離にあり、生徒たちの環境学習などにも活用されるという。

■県営球場 医務室から煙(17-07-08)

8日午前9時15分ごろ宇都宮市西川田の県営球場で球場の中にある医務室から煙が出ていると119番通報があった。球場では午前9時から夏の高校野球の栃木大会が開かれていて試合は5分ほど中断し観客の一部が席を移動するなどの措置が取られた。公園の関係者がすぐに消し止めけが人などはなかった。火が出た時、医務室は無人で扇風機の近くが燃えていて電気系統がショートした可能性があるとみて調べている。

■益子町の家庭料理「ビルマ汁」をPR(17-07-08)

益子町のローカルフード「ビルマ汁」をPRするイベントが8日、開かれた。ビルマ汁とはトマトなどの夏野菜を和風のだしで煮込み塩とカレー粉で味付けした益子町に伝わる家庭料理。太平洋戦争でビルマに出征した兵士が現地で味わったスープを再現したものだといわれている。益子焼窯元共販センターを会場にフェスティバルが開かれ、町内14の店舗が軒を連ねた。ユニークなビルマ汁が並び、訪れた人たちは味比べを楽しんだ。

■台風や豪雨に備え宇都宮で水防訓練(17-07-08)

宇都宮市では8日、水害を想定した訓練が行われた。訓練は台風が接近し市内を流れる鬼怒川がはん濫注意水位を超えたという想定で行われ宇都宮市消防局の消防士や地域の消防団員などおよそ700人が参加した。今年度から宇都宮市消防局に配備された水陸両用バギーが今回初めて公の訓練に登場した。これから大雨や台風など水害が発生しやすい季節を迎えることから宇都宮市消防局では普段から災害に備えてほしいと呼びかけている。

■熱戦スタート 夏の高校野球栃木大会開会式(17-07-07)

夏の高校野球栃木大会の開会式が7日、宇都宮市にある県営球場で行われた。62校61チームがそれぞれの思いを胸に入場行進を行った。選手宣誓をした宇都宮の桑原克彰キャプテンが野球に打ち込めることへの感謝を精一杯のプレーで表したいと誓った。決勝は7月23日に宇都宮市の清原球場で行われる予定。

■那須町の雪崩事故 中間報告書HPで公開開始(17-07-07)

2017年3月、那須町で登山講習中だった大田原高校の生徒ら8人が死亡した雪崩事故で、県教育委員会は7日から検証委員会から提出された中間報告書を県のホームページで公開している。聞き取りや現地調査などから分かった生徒たちの行動や事故発生当時の詳細な状況などが記されている。検証委員会では9月末に再発防止に向けた提言をまとめる方針。

■夏の装い華やかに 浴衣の着付け出前授業 (17-07-07)

鹿沼商工高校で7日、浴衣の着方を学ぶ出前授業が行われた。日本の美しい伝統文化を学んでもらおうと、授業の一環で毎年行われているもの。今年は3年生16人が参加し、民族衣裳文化普及協会栃木支部の大野幸子副支部長などから指導を受けた。生徒たちは浴衣を自分で着ることができるよう、説明を受けながら腰紐の当て方や帯の付け方などを学んだ。

■キャンパスを浴衣で彩る 七夕祭り(17-07-06)

7月7日の七夕を前に宇都宮市にある作新学院大学女子短期大学部では6日、七夕祭りが行われた。作新学院大学女子短期大学部の学生でつくる実行委員会が七夕を楽しもうと毎年開いている。幼児教育学科で学ぶ学生、約270人が浴衣姿で授業を受けるなど七夕の雰囲気を盛り上げた。キャンパスには笹飾りなどが用意され学生たちは短冊に思い思いの願い事を書いて飾り付けていた。

■障がいある人もスポーツ楽しむ 卓球バレー教室(17-07-06)

障がいのある人にもスポーツを楽しんでもらおうと壬生町で6日、ニュースポーツの練習会が行われた。参加したのは壬生町の就労支援施設「むつみの森」の利用者、約30人。行われたのは「卓球バレー」という競技。卓球台を使っていすに座りながらピンポン玉を転がすものでバレーボールのルールをもとにしたニュースポーツだ。点が入ると参加した人たちは拍手をして喜んでいた。

■那須塩原市に結婚サポートセンターオープン(17-07-06)

結婚を希望する男女に出会いの機会を提供する結婚サポートセンターが6日、那須塩原市にオープンした。センターの縁結び事業に登録すると市の結婚サポーターがマッチングから結婚までをサポートする。対象は市内に住んでいるか働いている独身の男女。すでに52人が登録している。内訳は男性が33人女性が19人で中でも30代から40代の男性が多いという。
  • 竜鳳肉マルシェ 〜全国のおいしい肉料理が大集合!〜
  • とちテレ公式YouTube
  • うたの王様
  • 金子柱憲のみんなdeゴルフ〜ゴルフをみんなのスポーツへ!〜
  • とちテレSHOP
  • 放送番組の違法配信撲滅キャンペーン