とちテレニュースカレンダー

2018年04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


ニュース

ニュース動画一覧

■日光市長選挙告示 新人4人が立候補(18-04-08)

任期満了に伴う日光市長選挙が8日告示され、いずれも無所属新人、元市議会議員の大嶋一生氏、会社社長で薬剤師の長谷川敬氏、元市議会議長の斎藤敏夫氏、前副市長の阿部哲夫氏の4人が立候補した。また、日光市議会議員選挙も告示され、定数24に対し27人が立候補した。日光市長選挙と日光市議会議員選挙は4月15日に投開票される。

■栃木SC、徳島相手にホームでドロー 勝ち点1分け合う(18-04-08)

サッカーJ2の栃木SCは8日、ホームの県グリーンスタジアムで徳島ヴォルティスと対戦した。前半33分、栃木は先制を許す。1点を追う栃木は後半、東京ヴェルディから期限付き移籍中の二川を投入。かつてのガンバ大阪時代を彷彿とさせる大黒とのホットラインでチャンスをつくる。徐々に流れを取り戻した栃木は後半42分、絶好の位置でフリーキックを獲得し、西谷が直接ゴールに叩き込む。1対1で試合は終了し勝ち点1を分け合った。

■自閉症などの理解呼び掛けるコンサート 宇都宮(18-04-08)

コンサートは国連が定めた4月2日の「世界自閉症啓発デー」などに合わせて県自閉症協会と県が開催。県内の特別支援学校の卒業生が参加する「どれみふぁクラブ」は、ハンドベルやタンバリンを演奏し、宇都宮大学教育学部附属小学校の合唱部などと一緒に美しい音色を届けた。訪れた人たちは演奏を通して障がいのある人もない人も共に支え合える社会を目指して改めて考えを深めた。

■小山市でDCに合わせて最強ラーメン祭(18-04-07)

7日は大型観光キャンペーン「デスティネーションキャンペーン」が始まってから初めての週末。小山市では県内外の人気有名店が集まる「最強ラーメン祭り」が始まった。会場では日本各地の人気のラーメン店が週替わりで8種類ずつ、4週間で41店舗が出店する。県内からは市内で人気の「ハイマウント」を含めた15店が参加。普段は食べられないほかの店舗と共同で開発した特別コラボメニューなども楽しむことができる。

■市貝町で「芝ざくらまつり」が始まる(18-04-07)

広大な敷地にシバザクラが咲き誇る市貝町の芝ざくら公園で、7日から恒例の「芝ざくらまつり」が始まった。シバザクラの植栽面積は2.4ヘクタールと本州最大級を誇る。訪れた人たちは、市貝町の小貝川をイメージして植えられた赤や白、紫色の花々を愛でながら、園内をゆっくりと散策した。また今年は、ピンクや白のシバザクラでハートやスペードのかたちをつくった撮影スポットも作られ写真を撮って楽しむ人の姿も見られた。

■初代横綱明石志賀之助杯 少年奉納相撲大会(18-04-07)

宇都宮市の蒲生神社で7日、子どもたちの相撲大会が開かれ春日野部屋の力士と触れ合った。この大会は、初代横綱の明石志賀之助が宇都宮市の出身であることを多くの人に知ってもらおうと開かれているもので今年で11回目。今年は園児から中学生まで105人が参加し、学年別に取り組みを行った。また、春日野部屋の若手力士4人が特別ゲストとして訪れ子どもたちと餅つきや稽古をして交流を楽しんだ。

■ハンガリー水泳連盟 県内の施設を視察(18-04-06)

2年後の東京オリンピック・パラリンピックの事前トレーニングキャンプの視察のためハンガリー水泳連盟が6日、小山市の県立温水プール館を訪れた。視察に訪れたのはハンガリー水泳連盟のブラダール・シャンドール会長など4人。一行は小山市の職員から説明を受けながらプールの設備などを見学し、その後の会見で「必要なものは全て揃っている素晴らしいプール」と感想を述べた。ハンガリー水泳連盟はこのほか静岡県富士市と福島県郡山市の施設も視察している。キャンプを行うかどうかは1ヶ月から1カ月半で決めるという。

■那須町 高久町長退任式(18-04-06)

2期8年を務めた那須町の高久勝町長の退任式が6日、行われた。高久町長は町議会議員などを務めた後、2010年の町長選挙で初当選。東日本大震災からの復興や町の小中学校の統廃合などに力を尽くしてきた。高久町長は「未来に向けてまいた種が実を結ぶ姿を見ることなく退任するのは無念」と心境を語り、約150人の職員や町民に見送られ那須町役場を後にした。後任の平山幸宏氏の初登庁は4月9日。

■新人警察官第一歩踏み出す 県警察学校入校式(18-04-06)

宇都宮市の県警察学校で6日、入校式が行われた。今年は新人警察官105人と県の一般職員18人の合わせて123人が入校。式では入校生代表の田村健太さんが県警察本部の坂口拓也本部長から辞令を受け取り、力強く「服務宣誓」を行った。警察学校の駒形克己学校長は「とにかく前向きに向上心を持って集中してほしい」と入校生たちに呼びかけた。 新人警察官たちは半年から10ヵ月間にわたって知識や技能を学ぶとともに体力づくりを行う。

■新牛舎見学会 県農業大学校(18-04-05)

 県農業大学校に新しい牛舎「ドリーム牛舎」が完成し5日、関係者を対象に見学会が開かれた。牛舎は生産効率に優れた次世代型の飼育管理施設で肉用牛と乳牛を一緒に育てることが可能で取り付けられたカメラの映像はスマートフォンなどで見られる。子牛が生まれる際は泊りがけで観察していたが、作業の効率化や負担軽減につなげる。肉用牛と乳牛合わせて50頭まで飼育可能だ。

■あすから春の交通安全運動始まる(18-04-05)

 6日から「春の交通安全県民総ぐるみ運動」が始まるのを前に5日、宇都宮市のオリオンスクエアでオープニングセレモニーが行われた。 式典には県警察本部の坂口拓也本部長をはじめ、交通安全に関わる団体や地元の幼稚園児など約300人が参加。交通安全の誓いを宣言し、事故の防止の決意を新たにした。県民総ぐるみ運動は15日まで。

■下野警察署管内で死亡事故相次ぐ (18-04-05)

 下野警察署の管内で5日、交通事故が相次いで発生し2人が死亡した。上三川町五分一の町道交差点で午前9時15分ごろ、自転車に乗っていた無職の田仲 眞子さん(85)が右から来たトラックにはねられ、搬送先の病院でまもなく死亡した。下野市下石橋の国道交差点では午前9時40分ごろ右折待ちをしていた軽トラックが大型トラックに追突され、反対車線の別のトラックとも衝突。助手席に乗っていた鹿沼市千渡の会社員、朝妻太平さん(71)が搬送先の病院で死亡し、運転していた男性(73)も頭に大けがをした。
  • 海と日本PROJECT
  • とちテレ公式YouTube
  • visual
  • とちテレSHOP
  • SOUND30
  • ダイドー祭りドットコム2016 日本の祭り