とちテレニュースカレンダー

2017年05月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


ニュース

ニュース動画一覧

■看護師への決意 ナースキャップに誓う(17-05-19)

 看護師を目指す学生にナースキャップを授ける戴帽式が19日、壬生町の獨協医科大学附属看護専門学校で行われた。病院での臨床実習に入る2年生に看護師として、人の健康や命に関わる責任を自覚してもらうのが狙いで、103人が真新しいナースキャップが授かった。壇上で学生たちはキャンドルを手に、ナイチンゲールの精神を表した誓いを読み上げた。

■大田原の大雄寺 国の重要文化財に(17-05-19)

 国の文化審議会が19日開かれ、大田原市黒羽田町の大雄寺など全国で10件の建造物を国の重要文化財に指定するよう文部科学大臣に答申した。大雄寺は黒羽城跡の近くに位置する曹洞宗の寺院。黒羽藩主・大関家の菩提寺として守られ、江戸時代の中期から末期にかけて境内が整えられた。重要文化財に指定されることになったのは17世紀後半に建てられたと考えられる本堂など計9棟。県内の建造物が新規で指定されるのは2014年1月の大田原市の那須神社と日光市の古河橋以来。

■小山のデイサービスの送迎車が事故 89歳の女性が死亡【第2報】(17-05-19)

19日午後4時半ごろ小山市西黒田の市道で起きた、デイサービスの送迎の軽乗用車と乗用車が衝突した事故で、重体だった茨城県結城市の89歳の女性が搬送先の病院で死亡が確認された。女性はデイサービスを利用した帰りだった。現場に信号や一時停止の標識はなかったということで警察で事故の原因を調べている。

■小山市の交差点でデイサービスの乗用車が衝突【第1報】(17-05-19)

 きょう午後4時半ごろ小山市西黒田の市道交差点で、デイサービスの送迎の軽乗用車と乗用車が衝突する事故があった。軽乗用車には女性2人、男性1人の高齢者合わせて3人と運転手の30代の女性1人が乗っていた。高齢者3人がけがをして、その内1人は意識不明の重体。
※夜9時からの「とちテレニュースLIFE」でもお伝えします。

■清原保育園 環境活動の全国コンクールで賞を受賞(17-05-18)

 宇都宮市野高谷町の清原保育園で、園児の環境活動の成果をまとめた「壁新聞」が、子どもたちの環境活動を支援する日本環境協会の「エコ活コンクール」の壁新聞・幼児部門「ミールケア・エコまる賞」を受賞し、18日、表彰式が行われた。清原保育園では、3歳以上の園児が「清原ねいちゃーキッズ」として、近くを流れる鬼怒川の清掃など身近な環境活動に取り組んでいる。県内での受賞は、去年の宇都宮市東峰保育園に続き2例目。

■トチノキの花の匂い香る「県庁産ハチミツ」初しぼり(17-05-18)

 トチノキの花の匂いが香る「県庁産ハチミツ」の初しぼりが18日、県庁で行われ、訪れた人に振る舞われた。県内産のハチミツを身近に感じてもらおうと行われている「県庁みつばちプロジェクト」。先月25日に、宇都宮市本町合同ビルの屋上に巣箱を設置してから約1ヵ月が経ち、甘いハチミツが集まった。今年は、雨や曇りの日が多かったため、ハチミツの量は少なめだったが、品質が良く熟成された採れたてのハチミツが訪れた人にふるまわれた。

■ブリッツェン・増田選手がバセドウ病復帰のめど立たず(17-05-18)

 自転車のプロロードレースチーム・宇都宮ブリッツェンの増田 成幸選手が18日、県庁で会見し、体重が減ったり心臓の鼓動が早くなったりするバセドウ病にかかっていることを発表した。復帰のめどは立っていないが、「今までより強くなりレースに戻りたい」と決意を表明した。増田選手によると、3月末から4月にかけて県内全域を舞台に開かれた「ツール・ド・とちぎ」のレース中、心拍数が上がり呼吸が苦しくなる症状が出たという。大会後、精密検査を受けた結果、「バセドウ病」の診断を受けた。その後のレースは、欠場している。チームは復帰までサポートすることを約束しているという。

■天下泰平願い舞を奉納 日光山輪王寺(17-05-17)

日光山輪王寺で17日、天下泰平などを願う「延年の舞」が奉納された。僧侶たちが「延年頌」と呼ばれる声明を唱える中、緋色の直垂に白の大口袴と短刀を背中につけ、白い袈裟で頭を包んだ舞衆が舞を披露。延年の舞は、旧岩舟町出身の僧侶、慈覚大師円仁が唐の国から日光山に伝えたとされている。かつては全国各地の寺で行われたが、現在は輪王寺や岩手県の毛越寺などに残るだけになっている。

■射手ら勇壮に流鏑馬神事 日光東照宮(17-05-17)

日光東照宮で馬に乗りながら弓矢で的を射る伝統行事「流鏑馬神事」が行われた。流鏑馬は走る馬に乗りながら的をめがけて矢を射る武芸。日光東照宮では1953年から五穀豊穣などを願い、毎年春と秋に奉納されている。この日はあいにくの天気だったが、参道には伝統行事を見ようと多くの人が訪れた。掛け声とともに矢で的を射る勇壮な姿に、訪れた人から拍手が贈られた。翌18日は「千人武者行列」が執り行われる。

■補助金を国に返還へ 業者の計算ミス 那須塩原(17-05-17)

那須塩原市の君島寛市長は17日に定例会見を開き、住宅の除染事業を行った際、業者の計算ミスによって国から実際よりも多くの補助金を受け取っていたため約1億3800万円を返還すると発表した。市は東京にある建設会社、東洋建設関東支店に委託して住宅の除染作業を行った。その数は1万3,300件ほどで誤りは約5800件。業者が1億3,800万円余りを市に返還するのを受け、市は全額を国に返還するという。
  • うたの王様
  • ゴルフここだけ
  • SOUND30
  • Happy Swing 〜ゴルフをもっとHappyに〜
  • 旅好き
  • visual