とちテレニュースカレンダー

2018年02月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


ニュース

ニュース動画一覧

■濱田庄司の登り窯通じ、茨城の陶芸家と交流 展示会開く(18-02-17)

益子焼の陶芸家、故・濱田庄司の登り窯の復活プロジェクトで作られた作品の展示会が17日と18日の2日間、益子町で開かれている。濱田庄司記念益子参考館の工房に濱田庄司の登り窯で焼かれた作品がずらりと並ぶ。地元、益子町と茨城県笠間市から参加した陶芸家、計87人が制作した。若手からベテランまで様々な世代の作品を見ることができ、登り窯を通じた両県の陶芸家の交流が今後ますます深まっていくことが期待される。

■県高校サッカー新人大会 矢板中央が9度目の優勝  (18-02-17)

県高校サッカー新人大会決勝戦が17日、大田原市で行われた。11年連続で決勝進出の矢板中央に対するのは、ノーシードから勝ち上がり8年ぶりに決勝に駒を進めた宇都宮白楊。前半25分、矢板中央が先制。宇都宮白楊は2回にわたりチャンスを迎えたが得点には至らず。さらに後半、矢板中央は白井のペナルティキックと板橋のシュートで一気に突き放した。さらに板橋が4点目を決め、4対0で宇都宮白楊を下した。矢板中央は2年ぶり9度目の優勝。

■船村徹さん 没後1年(18-02-16)

生前、5千を超える作品を残した塩谷町出身の日本を代表する作曲家、船村 徹さんが亡くなって1年。道の駅日光の「船村徹記念館」では記帳所が設けられ全国各地からファンが訪れている。故郷を愛し、人を愛した船村さん。3月にはコンサートも開かれ哀愁のメロディはこれからも多くの人に歌い継がれる。

■白鴎大硬式野球部 寮で高校生と飲酒(18-02-16)

小山市の白鴎大学の硬式野球部の寮で13日の深夜、1年生の学生2人が4月から入部する県外の高校3年生2人に酒を飲ませた。高校生2人はコンビニエンスストアに買い出しに行き、このうち1人がレジを通さずに店を出たため、店員が声を掛けたところ、この生徒は酩酊状態だった。店員が警察に通報し生徒は補導された。白鴎大学の硬式野球部は事態が発覚してから活動を自粛していて再開は未定。

■宇都宮蘭友会 世界らん展で最優秀賞(18-02-16)

17日から東京ドームで開かれる世界らん展のディスプレイ部門愛好家クラスで、宇都宮市の「宇都宮蘭友会」が出展した作品が初めて最優秀賞に輝いた。テーマは黄金郷という意味の「エルドラド」。世界らん展は17日から23日まで東京ドームで行われる。

■船村徹さん一周忌 各地でしのぶ声(18-02-16)

生前、5千を超える作品を残した塩谷町出身の日本を代表する作曲家、船村 徹さんが亡くなって1年。道の駅日光の「船村徹記念館」では記帳所が設けられ全国各地からファンが訪れている。故郷を愛し、人を愛した船村さん。3月にはコンサートも開かれ哀愁のメロディはこれからも多くの人に歌い継がれる。

■【15日夜9時のLIFE】(18-02-15)

ラインナップはこちら↓
◇知事会見(雪崩事故からまもなく1年・指定廃棄物の暫定集約についてなど)◇足利・小俣処分場訴訟で市が敗訴◇Jリーグキックオフカンファレンス◇栃木ウーヴァFCが新体制発表◇宇都宮ブリッツェンが必勝祈願◇県予算案特集〜「安全と危機管理」◇鹿沼市予算案発表◇スマホ・ケータイ安全教室◇お天気は気象予報士の田代大輔さんです!

■知事会見(雪崩事故からまもなく1年)(18-02-15)

福田富一知事は15日、定例の会見を開き、那須町で登山講習中だった大田原高校の生徒と教諭8人が亡くなった雪崩事故から1年を迎える3月27日の午前10時から、なす高原自然の家で遺族や県の関係者のほか大田原高校の教職員や生徒などが出席し、県や県教育委員会、県高校体育連盟の主催で追悼式を執り行うと発表した。当日は県高校体育連盟登山専門部が雪崩事故が起きた現場近くの展望台に臨時の献花台を設ける方針。 

■足利小俣処分場訴訟判決(18-02-15)

足利市小俣町にある一般廃棄物の最終処分場の使用の継続を求めて土地の所有者である群馬県太田市の採石業者と争っている裁判が15日に開かれ、宇都宮地方裁判所の河本晶子裁判長は判決で「契約更新については被告である採石業者が自由に選択できる」として足利市側の訴えを全て退けた。足利市では市民の生活に支障が出ないように引き続き、県外2カ所の最終処分場を利用する方針。

■2018Jリーグキックオフカンファレンス(18-02-15)

まもなく開幕を迎えるサッカーJリーグのキックオフカンファレンスが15日、都内で行われJ2で再び戦う栃木SCなどJ1からJ3の全てのクラブの選手や監督が参加して意気込みや抱負をメディアに語った。そのほかフォトセッションも行われ栃木SCのキャプテン廣瀬選手が登場し今シーズン戦う他のクラブの選手とともに気合いの入った表情で撮影に臨んだ。
  • SOUND30
  • ゴルフここだけ
  • Happy Swing 〜ゴルフをもっとHappyに〜
  • うたの王様
  • とちテレ公式YouTube
  • 旅好き