とちテレニュースカレンダー

2017年09月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


ニュース

ニュース動画一覧

■栃木市の障害者施設に家宅捜索(17-09-15)

宇都宮市の知的障害者支援施設で入所者の男性が腰の骨を折るなどの重傷を負った事件で逮捕された職員の女が事件後に異動した栃木市の施設でも入所者を虐待していた疑いがあることがわかった。15日栃木警察署の捜査員が施設に家宅捜索を行い、防犯カメラの映像が記録されたレコーダーなどを押収したほか暴行が行われた可能性のある部屋などの現場検証を行った。

■カスリーン台風70年慰霊祭(17-09-15)

関東地方を中心に大きな被害をもたらしたカスリーン台風から15日で70年。県内で最も被害が大きかった足利市で犠牲者を悼む慰霊祭が行われた。足利市を流れる渡良瀬川の堤防には犠牲者を悼む慰霊碑が立っていて毎年、地元の住民などでつくる慰霊碑保存協議会が慰霊祭を行っている。悲劇から70年を迎えた15日、国や市の関係者のほか遺族などが出席して犠牲者を悼んだ。

■東武宇都宮百貨店と宇短附高が共同でメニュー開発(17-09-15)

今年で開店58周年を迎える東武宇都宮百貨店が高校生とレストランのメニューを共同開発している。15日、新しいメニューの試食会が開かれた。東武宇都宮百貨店では7つのレストランが宇都宮短大附属高校の調理科の生徒と共同で『冬のオリジナルメニュー』を開発している。生徒たちが考えた500を超えるレシピの中から12のメニューを商品化することが決まりプロのシェフが調理した。

■北朝鮮がミサイル発射 北海道から太平洋通過か(17-09-15)

日本政府関係者によると、北朝鮮が日本時間の15日午前7時前、ミサイルを発射した。韓国軍合同参謀本部も、北朝鮮が首都平壌近郊の順安地域付近からミサイルを発射したと発表した。全国瞬時警報システム(Jアラート)によると、ミサイルは北海道地方から太平洋に通過したもよう。日米韓がミサイルの種類などの分析を急いでいる。
 国連安全保障理事会は9月11日、北朝鮮に対する石油供給制限に初めて踏み込んだ制裁決議を採択。北朝鮮外務省は「全面的に排撃する」と反発していた。(共同通信)

■栃木のイチゴ 50年連続で日本一に(17-09-14)

福田富一知事は定例の会見で、栃木県のイチゴの生産量が50年連続日本一になることが確実なことから、県をあげて「いちご王国」のプロモーションを行うと発表した。イチゴ生産の最盛期に当たる1月15日を「いちご王国・栃木の日」として宣言する。記念のセレモニーや1カ月にわたって大型商業施設などでイベントを行うなど、栃木のイチゴを集中的に発信していく。JRのキャンペーンとも連携する。

■吉野復興相などが避難者と意見交わす 下野(17-09-14)

吉野正芳復興相と長沢広明副大臣が下野市を訪れ、福島第1原発の事故で避難生活を続けている人たちと意見を交わした。2人は福島県から避難しているふくしまあじさい会のメンバーや避難者を支援しているNPO法人のスタッフと約2時間にわたって意見を交わした。吉野復興相は「ソフト事業が大切なステージになってきた。今後は心の復興に務めていきたい」と強調した。

■「突発的にやった」 障がい者支援施設傷害事件(17-09-14)

宇都宮市の知的障害者の支援施設で入所者の男性が大けがをした事件で傷害の疑いで逮捕された宇都宮市の職員・松本亜希子容疑者(25)の身柄が宇都宮地方検察庁に送られた。女らは「突発的にやった」などと供述している。松本容疑者は逮捕当初「蹴ってはいない」と容疑を一部否認していましたが、その後、「男性を蹴った」と容疑を認めているという。また同じ社会福祉法人が運営する栃木市の知的障がい者施設では、女性入所者(50代)が逃げ出し栃木警察署が保護していたことがわかった。

■職員の女を傷害容疑で逮捕 (17-09-13)

 宇都宮市の知的障害者の支援施設で入所者の男性が腰の骨を折るなどの大けがをした事件で、警察は13日未明、宇都宮市石井町の施設職員、松本亜希子容疑者(25)を傷害の疑いで逮捕した。松本容疑者は今月9日の夜から大阪方面に自分の車で旅行に行っていて12日、「事件について説明する」と自ら電話で警察に連絡し県内に戻ってきたところを逮捕された。「蹴ってはいない」などと容疑の一部を否認しているいう。共謀したとされる佐藤大希容疑者(22)は同日、送検された。

■鳥インフル発生備え演習(17-09-13)

 県は13日、万が一の鳥インフルエンザの発生に備えて感染の拡大を防ぐ演習を宇都宮市の県農業大学校で行った。県職員約60人が参加。養鶏場で大量の鶏が鳥インフルエンザに感染したという想定で、防護服を着た職員たちがニワトリを捕まえるなど一連の作業を確認した。渡り鳥が多い、10月から5月ごろまで発生する恐れがあることから県で注意を呼び掛けている。

■「県民の歌」デジタル配信 ダ・カーポが表敬(17-09-13)

 ベテランフォークグループ、「ダ・カーポ」が歌う「県民の歌」のデジタル配信が始まり13日、「ダ・カーポ」の2人が福田 富一知事を表敬訪問し、栃木の宣伝大使としての活躍を誓った。県庁を訪れたのは佐野市出身でとちぎ未来大使を務める榊原広子さんと夫のまさとしさんの2人。今年結成45周年を迎え、県民の歌の2代目の歌手としは1988年から活動している。デジタルCDは250円でダウンロードできるほか、携帯電話の呼び出し音の登録にも対応する。
  • SOUND30
  • 旅好き
  • 放送番組の違法配信撲滅キャンペーン
  • とちテレ公式YouTube
  • ゴルフここだけ
  • 金子柱憲のみんなdeゴルフ〜ゴルフをみんなのスポーツへ!〜