とちテレニュースカレンダー

2017年07月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


ニュース

ニュース動画一覧

■新武道館 2019年3月完成へ(17-07-18)

 県が進めている総合スポーツゾーン整備事業で18日、宇都宮市西川田地区で新武道館の起工式が行われ、工事の安全を願った。新武道館は地上2階建てで、メインの武道場には柔道と剣道の兼用で6面を確保し、約1, 500席の観客席が設けられる。完成予定は、2019年3月で利用開始は2020年度を見込んでいる。

■国体42年ぶりの開催内定(17-07-18)

 日本体育協会は18日、東京都内で理事会を開き、2022年の国民体育大会について栃木県での開催を内定した。これを受けて、福田富 一知事は同協会の伊藤 雅俊会長から内定書を受け取った。福田知事は「200万県民全員が関わる大会にしたい」と抱負を述べた。栃木県で国体が開かれるのは1980年以来、42年ぶりで正式決定は2019年。

■20年ぶりの新型遊覧船 中禅寺湖で進水式(17-07-18)

 約20年ぶりに奥日光の中禅寺湖に新型の遊覧船「男体」が導入されることになり18日、千手ヶ浜で船を初めて湖に浮かべる進水式を行い関係者が安全を祈願した。男体が導入されることで中禅寺湖の遊覧船は「けごん」、「アストリア」に続き3隻となる。「男体」は8月3日の就航披露を経て10日ごろからの営業を目指す。

■小学生が一日大学生に キッズユニバーシティ・おやま(17-07-17)

小山市の白鴎大学で17日、子どもたちに学問の楽しさを伝えようとさまざまな講座が開かれた。「キッズ・ユニバーシティ・おやま」は将来を担う子どもたちの知的好奇心を刺激し学問に興味や関心を持ってもらおうと小山市などが企画した。小山市や近隣の下野市や野木町などから合わせて24人の小学生が参加。「法律」や「クモの生態」などを学び大学生の気分を満喫した。

■宇都宮で麺を楽しむフェスティバル(17-07-17)

さまざまな麺料理を味わうことができる「宮の麺フェスティバルイン夏」が17日、宇都宮市内で開かれた。県内の飲食店で組織する「Team PIECE」が4月に開催した「宮の丼フェスティバル」が好評だったことから第2弾として麺料理に特化し開催した。皿うどんやパスタをはじめちゃんぽんとうどんを融合した「ちゃんどん」など8種類の麺が一皿500円で販売された。訪れた人は、お気に入りの麺を味わい満足そうな表情を浮かべていた。

■マリンバの調べを堪能 宇都宮(17-07-17)

マリンバの音色を楽しむチャリティコンサートが17日、宇都宮市内で開かれた。このコンサートは自殺予防の電話相談などを行う社会福祉法人「栃木いのちの電話」が主催した。演奏を披露するのはマリンバ奏者の野道雅保さん。宇都宮短期大学附属高校の音楽科の先輩に当たる後藤仁さんのピアノ伴奏に合わせ、軽快に鍵盤をたたいた。栃木いのちの電話ではこうした取り組みを通じて活動を知ってほしいと話している。

■マロニエ医療福祉専門学校「うづま祭」 体験コーナーも(17-07-16)

 医療や福祉分野の人材を育てる栃木市のマロニエ医療福祉専門学校専門学校で、学校祭「うづま祭」が行われた。看護学科の1年生は、車いすなどを体験するコーナーを設けた。学生たちが訪れた人たちを車いすに乗せたりベッドに移動したりして、日ごろの取り組みの様子を紹介した。また介護福祉学科によるラベンダーなど香りの付いたお湯に手を浸す「手浴」の体験コーナーでは、訪れた人たちが温かいお湯と心地よい香りに癒されていた。

■多くの人に光を 県アイバンクが設立40周年で式典(17-07-16)

 角膜の移植を必要とする人と提供者の懸け橋になる県アイバンクが今年、設立40周年を迎え、16日、宇都宮市文化会館で、式典とチャリティコンサートが開かれた。県アイバンクは1977年(昭和52年)に設立し、約840人から角膜の提供を受け、1580人に光りを与える活動をしてきた。コンサートに先立ち開かれた式典では、2002年に左目の角膜移植手術を受け、鹿沼市でチョコレート専門店「アカリチョコレート」を営む上原 晋さんが「これからもアイバンクの啓発活動を応援しながら、勇気の出る話とチョコレートを作り続ける」とあいさつした。またコンサートでは視覚障がいのあるメンバー11人で構成された「光バンド」が歌謡曲や童謡などを披露した。

■さくら市・喜連川中学校 窓ガラス32枚割られる(17-07-16)

 さくら市の喜連川中学校で16日、校舎北側の生徒の昇降口で、窓ガラス合わせて32枚が割られているのが見つかった。午前6時ごろ、出勤してきた教頭が発見し通報した。さくら警察署によると、昇降口に設置された防犯カメラには、帽子をかぶり、顔をタオルで巻いた作業着姿の人物が棒のようなものでガラスを割る様子が映っていたという。警察で器物損壊事件として捜査している。

■歌い継がれる名曲に酔う 「フォークソング倶楽部とちぎ」設立(17-07-16)

 懐かしい音楽を楽しんでもらおうと宇都宮市で16日、

フォークソングの愛好家たちによる演奏会が開かれた。演奏を行った「フォークソング倶楽部とちぎ」は1970年代から80年代のフォークソングに触れ合う機会をつくろうと、今年4月に発足した。現在は小学生から80代までの約260人が登録している。今回の初めての定例会では約80人が参加し、リクエストによって選ばれた曲が演奏された。参加した人たちは青春時代などを思い出しながら、名曲を楽しんでいた。このクラブは今後、年に4回の定例会やミニライブなどを行う予定。
  • Happy Swing 〜ゴルフをもっとHappyに〜
  • 盲導犬協会
  • とちテレ公式YouTube
  • 旅好き
  • 竜鳳肉マルシェ 〜全国のおいしい肉料理が大集合!〜
  • 金子柱憲のみんなdeゴルフ〜ゴルフをみんなのスポーツへ!〜