とちテレニュースカレンダー

2018年04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


ニュース

ニュース動画一覧

■豊かな自然満喫 しおや100キロウォーク(18-04-21)

塩谷町では21日から2日間かけて100キロを歩く大会が始まった。塩谷町の豊かな自然を歩きながら楽しんでもらおうと企画されたもの。制限時間の24時間で町内を巡る100キロのコースを歩く。今回は全国から約400人がエントリーした。参加した人たちは田園風景を抜けると釣りのスポットとしても人気の東古屋湖へ向けて林道を歩いていった。

■江戸の食文化楽しむ 春の宴(18-04-21)

日光市の「江戸ワンダーランド日光江戸村で、江戸の食文化などを楽しむことができる催しが行われている。繊細な味わいの江戸前ずしやタケノコ、ハマグリなど春の食材を使った30種類近い料理が人々をもてなす。また、販売方法でも江戸の「粋」をみせる。「棒手振り」というスタイルでの移動販売では、桶が両端についた棒を男性が担ぎコハダ寿司を売り、訪れた人たちが江戸の味と文化に触れていた。22日まで。

■春の高校野球県大会開幕(18-04-21)

春の高校野球県大会が21日に開幕し、関東大会と夏の大会のシード権をかけた戦いがスタートした。地区予選を勝ち抜いた29校が出場。清原球場の1回戦では2017年秋のベスト8でシードの文星芸大附属が烏山に勝利。このほか、2017年春の王者でシードの白鴎大足利は佐野松桜に勝った。2017年秋ベスト4のシード小山南も足利清風に勝利して2回戦進出を決めた。

■中禅寺湖でヒメマスの船釣りが解禁(18-04-20)

 中禅寺湖では20日から船の上での釣りが解禁となり、朝早くからこの日を待ち望んだ釣り人たちが駆け付け108隻の船が湖の上を漂った。中禅寺湖では、去年からヒメマスの放射性セシウム濃度が国の基準値を下回り、ヒメマスの持ち帰りが許可されている。震災以降、釣り人の数は減っていたが去年は、8年ぶりに2万人を超えた。関係者は今年も多くの釣り人が訪れることを期待。中禅寺湖の船釣りは、9月19日まで楽しめる。

■日光市・斎藤文夫市長が勇退(18-04-20)

 約280人の職員と市民に見送られ、20日、斎藤文夫市長が退任した。斎藤市長は旧今市市の職員を務めた後、2000年から6年間に渡って旧今市市長を務めた。2006年には5つの市町村が合併してできた日光市の初代市長として3期12年もの間、市政を担ってきた。22日で任期満了を迎える。斎藤市長は東日本大震災や関東・東北豪雨といった自然災害の教訓から災害に強いまちづくりに力を尽くした。先日の市長選挙で当選した大嶋 一生氏が23日に初登庁する。

■「全国経済同友会セミナー」閉幕(18-04-20)

 宇都宮市を会場に19日から始まった全国の経済同友会が一堂に集まるセミナーが20日、最終日を迎え、まちづくりなど分科会で話し合われた結果が報告された。日光東照宮の陽明門の修復を手掛けた小西美術工藝社のデービッド・アトキンソン社長の講演も行われ、日本では2060年までに労働力の中核をなす65歳未満の人口が3264万人、減少することを指摘し、今後は訪日外国人を対象にした観光戦略の重要性を強調した。来年の全国セミナーは新潟県で開催される。

■「全国経済同友会セミナー」19日から始まる(18-04-19)

全国の経済同友会が一堂に集まるセミナーが宇都宮市を会場に19日から始まった。東京を除く関東圏では初開催。日光東照宮の雅楽の演奏の中、幕を開けた。全国44の経済同友会から約1,000人が参加。テーマは「新しい元号」が今年度中に発表されることを見据え時代の転換期に来ていることから「次世代につなげる輝ける日本を目指して」と題し企業経営者などが分科会を通じて活発な意見交換を行う。セミナーは20日まで。

■キスできる餃子宇都宮号?!DC臨時列車を発表(18-04-19)

JR東日本大宮支社は19日、大型観光企画「デスティネーションキャンペーン」を盛り上げる4団体の臨時列車の運行を発表した。列車の中でも栃木県の魅力を感じてもらうのが狙い。中でも注目はギョーザなど宇都宮の魅力を堪能できる「キスできる餃子宇都宮号」だ。これは6月に公開予定の映画「キスできる餃子」とのコラボレーション列車で来月13日、宇都宮市のオリオンスクエアで開かれるイベント「カクテルカーニバル」に合わせて上野駅から宇都宮駅までを走る。

■災害時に迅速な対応を 会合で連携を確認(18-04-19)

災害時に道路などの公共土木施設の復旧を迅速に行えるように警察や自衛隊など関係機関の連携を確認する会合が19日開かれた。これは2013年に設置された。19日は今年度の事業計画が示され、それぞれの機関が災害のときに備えている機材をお互いに確認していくことや災害で被害を及ぼす可能性のある危険箇所の情報を共有することを確認した。6月には県庁で豪雪による被害を想定した訓練を行う。
  • 旅好き
  • とちテレアプリ投稿ギャラリー
  • ゴルフここだけ
  • visual
  • SOUND30
  • とちテレSHOP