とちテレニュースカレンダー

2017年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
■ワード
■期間 日から
日まで

※カレンダーの日付をクリックするとその日の番組表が表示されます。
※検索要件を入力し、右下の「検索」ボタンを一度だけ押してください。


ニュース

ニュース動画一覧

■深海の生物と触れ合う 大谷資料館で企画展(17-11-23)

宇都宮市の大谷資料館で23日から26日までの4日間、「深海の不思議展」が開かれている。海がない栃木の子どもたちが海を身近に感じ興味を持つきっかけになればと今回初開催。約400平方メートルのイベントスペースに、トラザメやオオグソクムシなど16種類の深海生物が展示されている。この日は多くの親子連れが訪れ、実際に深海生物と触れ合うなどしてその感触を確かめていた。

■国内外を舞台に活躍 “輝くとちぎ人”の集い(17-11-23)

この1年間に、スポーツや文化の分野で優れた功績を残した人や団体を称える“輝くとちぎ人”の集いが23日、県公館で開かれ、約160人が招待された。去年秋、文化功労者に選ばれた理化学研究所環境資源科学研究センターの篠崎一雄センター長やバスケットボール・Bリーグ初代王者の栃木ブレックスなどが特別招待を受けた。また、作新学院高校の応援部などが今後の活躍を祈ってエールを送った。

■スキー・スノボシーズン到来! ハンタマオープン(17-11-23)

那須塩原市にあるハンターマウンテン塩原が23日にオープンし、スキーヤーやスノーボーダーが初滑りを楽しんだ。今年30周年を迎えるハンターマウンテン塩原では新たに降雪機22台を導入。16日から準備を進め、予定日よりも9日早くオープンした。今年は山のふもとにある約1キロの初心者向けコースを滑ることができる。今シーズンの目標数を35万人と見込み、来年4月15日まで営業予定。

■看護師殺害の男に二審も懲役17年の判決(17-11-22)

2016年12月、宇都宮市のアパートで交際のもつれから看護師の根本紗貴子さん当時28歳を殺害したとして殺人などの罪に問われた元工員の菅野龍被告の控訴審判決が22日開かれ、東京高裁の藤井敏明裁判長は「弁護側の主張には理由がなく一審の判断は相当だ」と述べ、懲役17年とした一審判決を支持して弁護側の控訴を棄却した。

■警察犬の審査会(17-11-22)

事件や事故の捜索などで活躍する警察犬の審査会が22日、宇都宮市内で開かれた。この審査会は、臭いをかぎ分ける能力が高く優秀なイヌを選び来年から警察犬として活動してもらおうと開かれたもの。イヌたちは犯人の臭いが付いた物を嗅がせて5つの布の中から正解を見つけ出すテストなどに挑戦した。県警察本部によると今年に入ってから先月までに窃盗事件や行方不明者の捜索など78件で警察犬が出動した。

■金婚式を迎えた夫婦を表彰(17-11-22)

11月22日は語呂合わせで「いい夫婦の日」。小山市の間々田地区老人クラブ連絡協議会は毎年、この地域に住む結婚して50年を迎えた「金婚者」と88歳の米寿を迎えたお年寄りをお祝いしている。今年は海津謙二さんとトシ子さんの夫妻など合わせて3組と米寿を迎えた26人が対象となった。協議会の福田重昭会長からそれぞれに表彰状が手渡された。会場には相撲甚句の会やお囃子の保存会のメンバーがそれぞれ取り組む芸能を披露して表彰を祝った。

■ものづくり技術の交流へ 浙江省の訪日団が表敬(17-11-21)

ものづくりの分野の交流を図ろうと、中国の浙江省の政府関係者などが、赤松 俊彦副知事を表敬訪問した。一行は今回、日本に1週間滞在し県産業技術センターや、県内の工場などを見学する。訪日団のソウ・ショウホウ団長は浙江省が栃木と同じく、ものづくりが盛んで数多くの中小企業があることを説明した。赤松副知事は「中国と日本が交流しながら発展していきたい」と話した。

■C.W.ニコルさんが園児とサクラを植樹 日光(17-11-21)

作家のC.W.ニコルさんが日光市を訪れ、地元の園児たちとサクラの苗木を植えた。自然の良さを伝え、大人になってもふるさとを大切にしてほしいという願いが込められている。「思川ざくら」や「江戸彼岸」など5種類のサクラの苗木、50本が園児たちの手で植えられた。サクラが成長したら「日光江戸村」の中に移す予定。

■光と魚の共演 なかがわ水遊園で企画展(17-11-21)

大田原市の「なかがわ水遊園」で、光と魚たちの共演が楽しめる幻想的な冬の企画展「ライトアクアリオ」が始まった。ステンドグラスをテーマに16種類の色鮮やかな熱帯魚などを展示。目玉は、2メートルの水槽を泳ぐカージナル・テトラ。約2000匹の光の群れは、動くステンドグラスのよう。会場は幻想的な雰囲気に包まれていた。企画展は来年1月21日まで開催。

■障害者施設傷害事件 2被告、起訴内容認める(17-11-20)

宇都宮市にある知的障害者の支援施設で、当時入所していた男性に暴行してけがをさせたとして傷害の罪で起訴された元職員、佐藤大希被告(22)と松本亜希子被告(25)の初公判が20日、宇都宮地裁で開かれた。松本被告は栃木市にある同グループが運営の別施設でも、当時入所していた女性に暴行したとして暴行の罪にも問われている。初公判で2人は「間違いないです」などと起訴内容を認めた。

■コンサート中に火災発生! …を想定し訓練(17-11-20)

コンサート中に火災が起きたと想定した避難訓練が県総合文化センターで行われた。「避難訓練コンサート」は毎年開かれているもので、今回は楽屋で火災が起きたことを想定。センターで開く催しの9割はイベント会社が運営をしているため、今回の訓練はイベント会社のスタッフが観客に避難指示を出した。約200人の観客はスタッフの指示に従いながら、外の安全な場所へ避難。災害発生時の手順を確認した。

■すくすくと立派な若鳥に ニホンライチョウ生後120日(17-11-20)

今年7月、那須どうぶつ王国でふ化した国特別天然記念物のニホンライチョウが、20日で生後120日を迎えた。産まれた時は6センチほどの体長だったが、現在は25センチにまで成長した。体重は491グラムでほぼ大人と同じ見た目の若鳥になったという。冬が近づき、足からお腹にかけて白い羽毛に生え変わっていて、12月下旬には全身が白い羽毛に覆われるとみられる。
  • SOUND30
  • 放送番組の違法配信撲滅キャンペーン
  • ゴルフここだけ
  • とちテレ公式YouTube
  • 旅好き
  • 金子柱憲のみんなdeゴルフ〜ゴルフをみんなのスポーツへ!〜